FC2ブログ

Entries

師匠パパとの想い出

いっぱいあるけどね~。
やっぱり一番は写真かな。
よく師匠と三人で写真の話をしたなぁ。
たっくさん!教わった。
みんな宝だ。

そのなかでも、
胸の真ん中にバン!と入ったまま、たぶん一生消えないのは、
シャッターチャンスについてのパパからの言葉。

「押してしまえ」

構図がどうとか、シャッタースピードがどうとか、
一切考えるな。
ピントが合っていようがいまいが、
「!」ときたところで、とにかく押せ。
少しでも考えたら時は過ぎてしまう。あっというまに。
写真はシャッターボタンを押すほんの一瞬にすべての勝負がかかってる。
心が動いたら寸分遅れることなく人差し指を動かせ。
そうすれば写る。
おまえの一番欲しいものが、必ず写る。

これが、私がパパから教わった一番の宝の言葉です。

ずっと守ってる。
これからだって、守っていく。

シャッターチャンスも、人生のチャンスも一緒だなと思う。


しかし、パパはかっこいい。 かっこよすぎる。
満月ポイントに入ったばかりの元旦の朝に死んで、
死んだよという連絡がまわった頃、
みんなのところに
「私は紅くなりたい願望を持ったまま、日暮れになってしまいました」
という年賀状が届き、
お通夜の日は大安で、告別式は光りの中で、

..........なんだ?これ。(笑)どした?これ。

こんなこと計算したってできないなあ~

かみさまって、すごいー。

ちゃんといつでもその人に相応しいシナリオを用意してあるんだなあ。

(新月の晩に嵐のような雷雨の中、逝った妹もかっこよかったもの!)

そんなパパの血を受け継いでいるからこそ師匠もかっこいいんだなあ。

師匠は、パパの遺志を胸に抱いて紅くなるべきだ。
この先、燃えるような紅に、人生を染めるべきだ。
日が暮れてしまう前に!

私は心から応援したいと思う。
自分を頑張りながら。
一生、応援したい。


.......とまあ、人のことはいいけれど、
このままいくと自分の人生が危ない。
ずっこけ人生のまま終りそうだ。
もういい加減なんとかしなきゃなあ。 ぶはははは(笑)


..........やるか。 今年は。 笑ってないで。


マネーズもいることだし。

今、私の頭の中は、くるくるっと、
あれをああして、これをこうして、
いろいろなヴィジョンが駆け巡っています。


そういえば、今日、
読んでいた本の中に大発見! こんなことが書いてあったんだよ.....


「インナーチャイルドについて知るよい方法は、遊ぶことだ。
 そのためには、毎日一時間程度、自分のやりたいことだけやり、
 やりたくないことは何もしない時間をみつけよう」


.........ぇええええっ?(驚) 一時間だけっ?

私は毎日24時間、一年365日、ずっとこうですが。 なにか?


「どんなにみっともなく思われようと、着たい服を着て、
 食べたいものを食べ、行きたいところに行き、聴きたい音楽を聴く。
 気に入らないことがあったらすぐにやめればいい。
 しかしやめるのは『面白くないから』であるべきで、
 頭の中で『そんなことをやってはいけない』という
 声が聞こえるからであってはならない」


...........私はできている! ぜんぶ! できているーっ


そしてその後、とうとうこんなページに行き当たって、さらにびっくり。


「創造的な活動で成功するには、あらゆるものを表に出すこと。
 これが、多くの芸術家や作家が、
 変わり者あるいは非社会的な行動を取ると思われている理由だ。
 彼等は『社会に受け入れられる行動』という仮面の中に生きてはいない。
 創造的でありながら同時に社会的仮面の中に生きることはできない」


ほっほぉぉぉーーーーっ!

読んだ瞬間、なんだか、胸の奥がすぅーっとした。

時々自分はあまりにも他の人達となにもかもが違うので、
どっか病気じゃないかと心細くなる時があるんだけど、
なんだ、いーのかー、これで!

でもなあ、
だからそろそろなんとかしないとなあ、
このままじゃ、
ただの馬鹿者で終っちゃうよ、人生が。


よし。夏野苺を、完成させよう!

そうだ、そうしよう。




Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる