FC2ブログ

Entries

海へ

電車に乗って、逢いに。

ぶらぶら歩きながら古い神社へ連れてってくれた。

「光りの神様よ。道を間違えないようにいてくれるの」

と聴いた瞬間、涙で視界が曇る。

天使でいえばチャミュエルの仕事だ。


ミチヲマチガエナイヨウニ 


それからまたぶらぶら歩いて。

住宅地の向こうにとつぜん青い海が見えた時、

もう堪えきれなくて、

泣いた。

ハンカチで涙を拭っても、

黙って隣りにいてくれてありがとう。

こんなに、海、観たかったんだ。 胸がいっぱいになる。

来れてよかった。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



           なつのいちご さま

     今日、「魔法使いの弟子」vol3&4が届きました。

           封を開けたときの、
             あの香り、
             あの感じ、
         ちょっと言葉にはできないような
         何かを感じることができました。

     私ひとりだけの胸に、そっと収められたそれは、
        秘密と言っていいしあわせな何か。
         もう魔法は始まっていました。

      思いあぐねていて、もういいかな、と
     半ばあきらめていたことがあったのですが、
    まるでそんな思いは最初からなかったかのように、
        身体が行動を始めだしたのです。

          外へ出て歩き出し、
   ふと見上げた空に、大きなアゲハ蝶が舞っていました。
   あ、と立ち止まると、一頭の蝶はいつのまにか二頭になり、
     くっついたり離れたりしながら私の頭の上で、
      くるくるとたっぷりダンスを踊ったあと、
      また分かれて遠くへ飛んでいきました。

       あの香りからはじまったひとときを、
       きっと忘れることはないと思います。
     
        素敵な本をありがとうございます。
      あんまり小さくて最初びっくりしましたが、
      読むというより、感じる本だなと思いました。

       アットランダムにただページを開いて、
       そこから立ちのぼる、なにか。気配。
       それを感じるのがとても楽しいです。

     「魔法使いの弟子  夏野苺」と書かれた背表紙、
      ページのあちこちにそっと描かれたイラストが、
           とっても好きです。






Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる