fc2ブログ

Entries

ヨガ のち 花火

朝、友達の俳優Sから電話。

「ねえ、今夜花火行かない?」

いくいくー

ちょうど昨日、ぼんやり、花火観たいなあと思ってたところ。



午後からヨガ。
スタイリストからヨガのインストラクターに転身して成功している、
リカちゃんのスクールへ。
ヨガ終了後、最近作った写真集だよ~と永島くんの写真集を見せたら、
他の生徒さんにもいい?と聞かれたので、
「どうぞ~」と答えて皆さんにも見ていただく。
その中のひとりが「えっ?この人、うちの中学の先輩っ」と驚いてた。
私も驚いた。(笑)
世間、狭すぎる。
その人は本をじーっと見て、
何度も何度も繰り返し見て、
見終っても見終ってもまた最初のページに戻って、
どこで終っていいのか、自分でわからなくなっていた。
魔法の本が出来ちゃったよ。(笑)
「すごいすてき。すごいかっこいい」と言ってくれたので、
「ライブあるので観に来てください」と宣伝しました。
秋のツアー、またたくさんの人に来てもらいたいから。

その後、Nと合流。
カフェで遅いランチしながら仕事の話。
ふたりとも少し興奮気味。
都内近郊にアトリエを持ちたいことを告げたら、
すごく簡単に、
「じゃ、あたし探しますよ」と言われてびっくり。
本当だろうか。
ちょっとだけ期待して待っていよう。
私が出した条件は金銭的にもかなりふざけたようなものなので、
あれで希望通りの物件を探してきたら、すごいっ。
尊敬する。
アトリエを持ったら、人形制作を開始したいと思います。
皆さん、
「いちごさん、人形はどうしただろう?」と思ってはいないでしょうか?
(笑)
やめたわけではありません。
いよいよ再開いたします......


夕方、花火の会場へ。 Sと合流。
夕暮れの河原で一緒に涼みながら、
缶チューハイを飲みつつ、開始を待つ。

辺りが暗くなってきて、

始まった。

とても奇麗で感動する。

花火って、人の一生に似てるなと思った。
ひゅぅ~っとまっすぐにのびて、
ある地点で、大きな音とともに、ばん!と爆発して、
パッと散る、.......というあたりが。
そっくりだ。

散った妹を思い出す。

私も、いつか、散る。

散る前に、あんな奇麗な大きな花が咲いたら嬉しい。

夜空に大きく咲く花。

観てる人達の横顔がどれも美しく幸せそうで、

切なくなった。

みんないつか散ってゆくのだ。

急にものすごく寂しくなったので、
もっと寂しい世界へ行こうと思い、
i-podでEDENを聴いた。
エンドレスで聴きながら、夜空に咲く花を眺めた。

一緒に来れたらよかったのに、と思いながら。


2092.jpg



       ~EDEN~


  あなたは私を親友だと思っていた
  私は今のままでいいと思っていた

  気づかないようにしていた
  気づかないようにしていた
  この胸のときめきに

  踏み込まないようにしていた
  踏み込まないようにしていた
  あなたのエデンに


  私はあなたを避けていた
  あなたは思っていたでしょう、何が不満なのだろうと

  気づかないようにしていた
  気づかないようにしていた
  この胸のときめきに

  踏み込まないようにしていた
  踏み込まないようにしていた
  あなたのエデンに




Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる