FC2ブログ

Entries

想いが咲く頃

東京地方、

  梅雨明けです。

    夏が来ました!



今朝、ベランダで、
青い空を長い時間眺めていた。
風が少し冷たかったよ。

ここから見える三井タワービルが、
どうしてもザイオン国立公園の巨大岩壁に見える。

北米の神様が呼んでいる。

行かなきゃ。アリゾナ。 セドナを目指そう。

今度はどんな旅になるのかな?

待っていて。本心さん。 もう決めた。さっき。 

今朝、決めた。 行くからね。

きっと今頃あの人は、「そうか来るんだな」とわかっているはず。

私を感じているはず。



最近、ある人からたびたびメールをもらう。
なんかこの人は依存症じゃないかしら?というくらい。
不安なんだろう。
常に誰かに、何かに掴まっていないと、立ってられないんだろう。
ふざけんなと思う。
おまえ、自分の足をなぜ使わない?と思う。

ところが「これからアリスの丘に行きます」という連絡が入った。
朝、軽井沢行きのバスに乗ったらしい。
そうか!君はそんなことができるのか!と一筋希望の光が見えた。

ナオちゃんにすぐ電話。
「こういう人がそちらへ行きますからよろしくね」と
簡単にその人の説明をして切る。

さあ!どんな一日になるでしょう! たのしみー。




自分の足で立とうともせず、
こちらへ手をのばして私に掴まろうとする人に対して、
まず一番最初に私がすることは、
深い沼の淵へ、蹴り落とすこと。

さあ、あがっておいで。

けれどそれをするなら、
目印の光はこれだよと言える為に、
いつでも自分の真ん中は磨いておかなければならない。

けして光が曇らないように、
大いなるものと繋がっていなければならない。

だから結局、

自分の足で立てないような人は、私を導く偉大な教師となるわけだ。

世界は見える通りではない。

なにもかもを、
見えるばかりのことで判断すると、
ほんとうのことが見えなくなってしまう。
ほんとうに大切なことが。

なるべく俯瞰から世界を見ることができるように、
私は自分の中に芽生えるどんな想いも見逃さない。

どんな想いも大切にする。

こんな気持ちもあんな気持ちも否定せず、
ゆるやかに育っていく様子を見たいから。

どんな色の花を咲かせるか、見たいから。

どんな味の実をつけるのか、見たいから。

途中で切ってしまうことなど、できない。

最後まで、見届けたいから。

天からの贈り物。





Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる