FC2ブログ

Entries

2009.6.21 永島浩之ライブ ~案ずるより生むが易し~

本番では、
もっと泣くかと思ってたんだけど。
楽しさの方が勝って。
大丈夫でした。
あんなに数日前から怖かったのに。

きっとずっといつまでも、私の中には、
妹のことを思い出しては涙する心の小部屋があるに違いない。
その部屋に入ればいつだって、たくさん泣ける。
でも、
今はその部屋じゃないでしょ?
とスイッチを押してくれたのが永島さんだったと思う。
(ひとことも、そうは言わなかったけれど。
 彼の言葉は、もっと、自然な何かだったけれど)
私はハッとし、
プロフェッショナルという部屋の鍵が、
自分の手の中にあることを思い出した。

ひとたびその部屋から世界を眺めれば、
怖いものなどなにもない。


私は、毎朝、虹色の首飾りをつける時、短いお祈りをする。
聖なる虹色の存在、マチルダに。

「私と一体となり、私を通して活動してください。
 生涯を通じて私をお導きください。
 今日も私が限りなくマチルダであり続けますように」

撮影がある日は、写真の神様ヴェロニカにも祈る。

「被写体の光りと私の光りがひとつになりますように。
 融合し、さらに大きな光りとなり、
 たくさんの人々を照らすことができますように」

ライブ当日の朝は、妹の光りもイメージしながら。

これで大丈夫、と声に出したら、心の中に爽やかな風が吹いた。



リハーサルは、名古屋のそれとは全く違ってた。
丁寧に、足場を着実に固めていくような、リハ。
なにより、永島さんの歌い方が全然違っていたので、とても驚いた。

今日は特別なんだ、と直感。

メンバーの雰囲気もどこかが違ってた。

全員が醸し出すあの落ち着きが、とても私を安心させてくれた。

本番直前、舞台袖で、永島さんがステージに向かう時、
そっと小さく静かに、その背中に十字を切った。
心からライブの成功を祈る。
それから、
シャッターを切った。

2030-1.jpg


オープニングは、
妹が「ながちゃんの歌の中で一番好き」と言っていた曲だった。
明るい曲なのに、胸の奥がキリキリ痛い。
この痛さ、忘れないでおこうと思う。
この痛みは宝物だ。

13曲目、彼の輝きは特別な色を放つ。
これはこの日のリハに初めて気づいたこと。
名古屋の時にはわからなかった。
たしかに、今日、彼は、誰かに向かって歌ってる。
それは、特定のたったひとりの、という意味とは、
また少し違うかもしれないけれど。

彼の歌は、きちんと目的を持って生まれてきているのが、よくわかる。

あの瞳は、“届けよう”とする眼差しだ。

そういう瞳をして歌っていた。


アンコールでは、妹の告別式の夜、彼がラジオの生放送で歌った歌を。
後で知ったけど、会場に居た妹の旦那さんは号泣していたらしい。
私も冒頭のMCではこらえきれずに、くっと泣いた。
イントロが始まっても涙が止まらなかったけど、
シャッターを切っていたら落ち着いてきた。
ファインダーの中の永島さんに引き込まれて。

彼は私を助けてくれる。

そう、いつでも、
被写体は私を助けてくれる。

この曲を歌う時の彼はなんて色っぽいんだろうと思う。
魂の艶が増す。
音楽の神様が降りてきて、彼を包んでいるよう。

そして私は被写体に恋をする。

恋をした人間は、どんな宝物を手に入れるのか。

そういう一枚が、写った、

と思う。

この一瞬が、

私だけではなく、

彼のファンの宝ともなり得ますように。



ライブがすべて終わって急にとても寂しくなった。
恋が終わってしまったみたいで。
そう、失恋した気分。
そういえば、あの渋い中華屋で、おのせちゃんに
失恋を慰めてもらっているような気分だったもの。

本物の恋心って、本当に「落ちる」って感覚だな。
するとか、したいとか、そんなレベルじゃないね。
そんな生易しいものと違う。
あっ と、落ちて怪我をする、って感じだ。
こういう痛みも大切に覚えておこう。


ライブ終了後、
何人かの永島ファンの人から励ましのお言葉をいただいた。
この場を借りてお礼を申し上げます。
どうもありがとう。
とても嬉しかったです。
そして、あの、私を30秒も唖然とさせた、
名古屋会場に居た永島ファンの方ともお話することができた。
可愛らしい人だった。
「写真集に載せていい?」と尋ねたら、「いい」と言うので、
ぜひ載せることにしよう。
だって、あのラブビームは凄すぎる。貴重な、愛の眼差しだ。



今日、ゆうべライブの帰りにうちに泊まった苺ママと、
近所の日本橋三越に散歩に行きました。
パジャマのような格好で。
ビーチサンダルで。
そんな人はデパートにはいません。ぶははは(笑)
あれ?と思ったら、なんか、目が変です。
何を見てもピントが合わない感じ。
世界がボヤけて見える....
もう、瞳が、
焦点を合わせたくない~疲れた~何も見たくない~
と言っているようです。
すっかり集中しすぎ、撮りすぎです。
こんなにハイテンションで撮影に臨んだのはいつ....?
と思い返してみたら、小栗旬とのイギリスロケ。
そう、
だからきっとあの時のような素晴らしい本ができると思います。

さあ!いったいどんな写真集ができるでしょうか!
とても楽しみ。
デザインはおのせちゃんが担当します!
夏野苺の写真とおのせちゃんのデザイン。
はっきりいって、ゴールデンコンビ(略してGコンビ)です!

ファンの皆様、写真集を開く際には呼吸に注意してご覧ください。
途中で止まる恐れがあります。
かっこよすぎて!

2030-2.jpg 2030-3.jpg 2030-4.jpg


私はなぜか永島さんの背中が好き。
よく撮っていた。
後ろからシャッターを切りながら彼についていくのが好きだった。

これからもついていきたい。 でも?

ついていくって... いったい、どこへ?

わからないけれど、

カメラを置いた後も、心は彼についていこう。

ついていけば安心。

そんな気がするから。

どこへ辿り着いたとしても、一緒だったら大丈夫。

そう思うから。

2030-5.jpg 2030-6.jpg 2030-7.jpg




Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる