FC2ブログ

Entries

撮影

1022-1.jpg

1022-2.jpg


仕事は楽しいです。
生れてきてよかったなあーと本当に思う。
シャッターきってる時が一番、生きていて楽しい。

俳優の小栗旬くんを撮りました。
3年近く続く連載。キネマ旬報さんの。
今日、撮影の合間に、はじめて仕事した時の写真から全部、
スタッフ達や旬くんと一緒に見た。
3年撮り続けると凄い。これは宝物。
旬くん、自分で自分の昔を見てバカウケ。(爆)
「おれ、ぜんぜんちがうー」
と言っていた。
そう。 あなたは全然違う。
あたしは... 旬くんは気がつかないかもしれないけど、
あたしも全然違う。 あの頃と、全然違う人生になってきちゃった。
今の方が楽しい。 今の方が好き。 たぶん、これからは、もっと。

これはぜひ一冊にまとめていただきたいですなー。
本にしてみんなに配ろう。(売るってことですけど。笑)

今日の旬くん、大阪の時よりずっとかっこいい。
たっきーが、こそっと耳もとで「今日はヘアメイク入ったらしーよ」
と教えてくれた。 ふうん、なるほど。 さすがプロはいーねぇ。
その、ほんのちょこっとが違う。
かっこいーなあかっこいーなあと思いながら、インタビュー中の彼を見る。

撮影の時、いつまでも大阪の時のことをぶつぶつ言っていたら
「もーうるせーよ」と叱られた...ぷぷぷ。^^
そんな口きいてもらえるほど親しくなったのか、嬉しいなあ、
と思いながらシャッターをきる。(笑)
旬くんは優しい。 いつだって。
それと彼は、
この世の「ほんとうのこと」をあまりにもよく知っているので、時々驚く。
撮影が終わってからみんなでお茶をした時、彼が言ったあることに対して
私の心の奥が一瞬ヒヤっと反応した。

今は仕事の時しか会わないけれど。
もしもこの先、友達になれたら教わりたいことがある。 
彼だったらその答えを知っているような気がするから。

もっともっと、近くまでいって、心の奥を見てみたい。
だけどそれにはまだ少し、高さが足りない。あたしの。(苦笑)

がんばらなくちゃ。

旬くんに追いつきたい。 あのスピードに。 

方法はただひとつ。 それは、自分の仕事を頑張るしかない。
ヴェロニカに、たくさん仕事がしたいとお願いしよう。

         ....はっ!  

        その前に。


                   人形も完成させなきゃ。



その後小学館で、来月の撮影の打ち合わせ。
北海道へロケに行きます。
(神の子池へ、また行けないだろうか)

帰宅したらテレビに旬くんが出ていて、不思議な心で見た。
さっきまで隣りでお茶を飲んでいた人がいきなりテレビに映ってると、
変な感じがする。
仕事したての頃は、テレビや雑誌に出てる人が自分の隣りにいるのが、
変な感じだったけど。 今は逆。





                「ブログランキング」へ
                ☆応援クリックありがとう。感謝します。








Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる