FC2ブログ

Entries

カヴンの集まり

今回は、私が仕事前なので、
なかなか気持ちがシフトできず。
前日まで、なにをどうしてどこに行くか、とか、なあんにも浮かばなかった。

気がつくとすっかり心は南の島へ飛びっ放しなので。

メンバーより連絡あり。
いろいろ考えてくれたらしい。
よかった。
たのもしい。
京都からひとり、群馬からひとり、と遠方から参加する人ありのため、
東京での時間を楽しく過ごしてほしいと思っていたから。

銀座で待ち合わせ。
私が一番遅れて到着。
みんなで野菜の美味しい和食屋さんへ。
なのに、六人中四人はハンバーグを注文。笑った。
私ともうひとりだけ野菜ランチ。
でも私も大のハンバーグ好き。
ちょっと味見をさせてもらう。
死ぬほどうまいっ
今度来たらこれを食べようと思う。

1958-1.jpg

今回は、関西地区在住のメンバーよりサプライズプレゼントが。
手作りお菓子です。
私のリクエストに応えて、マクロビな材料で作ってくれたもの。
この日彼女は欠席だったので、
「試食品です」とレシピカードも添えて宅急便で送ってくれた。
参加メンバー全員に配る。
(味は四種類。
 ココナッツとオートミールのクッキー、苺とオートミールのクッキー。
 苺のマドレーヌ、メープルシロップマドレーヌ)
1958-2.jpg 1958-3.jpg


その後、お菓子の話に火がついてしまい、東京駅オアゾビルの一階にある、
最近私がハマりにハマりまくっているお菓子屋さんへ行くことに。
店内では、みんな、バーゲン会場にいるかのごとく、わさわさ買っていた。
(お菓子というのは、焼き菓子のこと。フィナンシェとかマドレーヌとか)

そこから、電車で移動。
朝倉彫塑館という美術館へ。
ここは私が、
人形の先生からもう百回くらい「苺さん行った?」と言われていながら
なかなか足を運べなかったところ。
前夜メンバーのひとりが偶然ここへ行こうと..... 直感で決めたらしいけど。
びっくりー

着いてさらにびっくりー

入り口にある作品。 観た瞬間すごいツボる。 いやぁ~、このポーズ!(笑)

1958-4.jpg

なんでよ?
意味がわからない。
裸なのに、腰に手を当て、もう一方は空へ!
堂々としている.... 裸なのに。 裸なのにっ!!!!
何か悲しいことがあったらこれを思い出そう。

メンバー達に、
「ちょっとーこれやってーまねしてー」と頼んだら、
まわりにたくさんの人が居たのに、
何の抵抗もなく、
スッとみんな同じポーズを。(爆)
ぶははははー
素直さって、いいですねえー!
(みなさんありがとう。私を喜ばせてくれて!)

1958-5.jpg


しかしながら、
中に入った途端、心はしんとなる。
どの作品も素晴らしかった。
作品だけでなく、建物そのものも、中庭も。すべて素晴らしく、
100年という時間の魔法がかけられていた。
屋上庭園にはオリーブの巨木があった。
最初はオリーブとわからなかったほどの大木。
でも葉っぱがどう見てもオリーブ。
実は私は、この樹に大変魅せられてしまった。
思い出すと今もドキドキする。

ここは来月から休館になり、平成25年まで閉じられる予定だと知って驚く。
滑り込みセーフだ。
来れてよかった。
こんなふうに、
なにも知らないはずなのに、なぜかメンバーは
いつも私を助けてくれる。
必要な場所へ私を連れて行ってくれる。 .... 感謝。

このあとどうしよう?と少し迷ったけど、
表通りへ出て、
パッと目についた甘味処だかラーメン屋だかわからないような店に入った。
下町っぽくていいかと思って。
こういうところって、大成功か大失敗かに分かれると思うけど....
入った瞬間「失敗かも」と思う。
でも今日は「失敗の世界を楽しもう」と思い、席に座った。
メニューを見る。
「失敗だらけ」と思う。
なにも欲しいものが見当たらないので、
子供の頃よく飲んだクリームソーダを注文する。
(これ身体に悪そうだな~。あの、緑の着色料!)

きた。

ひとくち飲んで「大失敗」と思う。
まずい。
半分くらい飲んだけどもう苦しい。

30分も居たら限界がやってきて、出たくなった。
みんなを散歩に誘って、店を出る。
もう二度と行かないだろう。

楽しかった。大失敗の世界。

さようなら。大失敗の世界。

1958-6.jpg


それから、近くの商店街を散歩。
お惣菜屋さんで買い食い。
私は焼きおにぎりとコロッケと焼き鳥一本を歩きながら食べた。
ニューヨークで歩き食いした時のことを思い出す。
あの時はたったひとりだった。
今日は仲間と一緒。
ふわ~んと幸せな気分。

商店街の外れにアップルパイ専門店を発見。
入る。
もう見てわかる。ここは大成功。
でも私はアップルパイは買わなくて、
春野菜のキッシュと、ピアモという名前のパイを買った。
これ、アップルじゃなくて、ピーチとアーモンド入り。
だからピアモパイ。
いやぁ~これもツボッたなあーーーっ(笑)
私はこういう単純でバカバカしいようなネーミングにツボってしまう。
(帰宅後、食べましたが、これが!死ぬほどうまいっ!大成功っ)

そこから更にたらたら歩いて、駅まで戻った。

ちょうどお別れの時間がやってきて、みんなとハグしてさよならした。

不思議な一日だったなあ。

魔女の集まりというよりは、普通の友達とだらだら遊んだ感じ。

みんなと近くなる。
だんだん近くなる。

これからもいろいろなことを一緒に経験できたら嬉しい。

私が考える魔法とは、
日常の中にこそ潜んでいると思うから。
動いて、
見て、
触って、
わかっていくことだと思うから。

成功の中にも失敗の中にもあるものだと思うから。

時には一流店で高級ディナーを。
そこから、
この部分は好きだけど、ここは疲れるから嫌い、とか。

時には庶民的なお店で定食を。
そこから、
ここは自分に合ってるけど、ここは違うと思う、とか。

それぞれ自分の感覚で掴み取っていってほしいと思う。

あらゆるものからあらゆるものをみつけてほしい。

小さな魔女たちよ。

これからもたくさんの場所へ飛んでいこう!

私は今、軽井沢にあるお菓子屋さんへ行きたいのだけど、
そのことをちらっと伝えたら、メンバーふたりから早速情報が。
ひとりは、
車ですぐに行ける距離に住んでるから
浅間山が落ち着いたら偵察に行ってくるとのこと。
もうひとりは、
友人がそのお菓子屋のすぐ近くに住んでいるから
いろいろ聞いてみるとのこと。

....まあ。

実はもう一カ所、行きたい場所があるんだけど。
魔女の集会軽井沢ツアーでも組むか....

それと、鞍馬山一泊ツアーもやってみたいなあ。
(これは京都在住のメンバーに下調べを依頼済み)


ま、とにかくまず今は、南の島、なんですけど。
仕事でいってきます。
明日出発です。
満月の夜に夜間飛行です。



病院へ、最後の診察に行ってきました。
もう何も心配ないそう。よかった。
礼拝堂へ寄って、感謝の祈りを捧げて病院を出た。
敷地内の公園のベンチに腰掛けて、ふと見上げたら、十字架。
ここは教会で病院。病院で教会。
不思議な場所だなあ。
にゃあ、と優しい声がして、....見ると、真っ黒な猫ちゃん。
私は黒猫を目撃するとよいことがあるという
ラッキージンクスがあるので、嬉しくなる。

ルカおじさん、お世話になりました

1958-7.jpg

最後に十字を切って、立ち上がる。



そうだ。

十字と言えば、

南十字星..... 見ることができるんじゃ? ニューカレドニアで。
南半球で見ることができる星。
天の十字架を。







     追記)
     今回のエッセイ、食事会風景とマクロビお菓子の写真は、
     メンバーが撮影したものを借りてアップしました。
     (ありがとう、Kさん、Nちゃん)







Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる