FC2ブログ

Entries

くるくるきらきらパワー

ニューヨークから、サイキッカー。
毎回完璧なタイミングで現れます。
彼女は全盲なのですが、
世界のすべてが見えています。
精神的な世界のことだけではなく物理的な世界のことも、という意味です。
今回は素晴らしいセッションとなりました。
激しいラテンダンスのような。
テンポよく。
ふたりの周波数がぴたりと合って。
天界から答えがもたらされました。



またカヴンのメンバーと会いました。
前回とは少し違うメンバーで。
ひとり、ものすごくあたまを使う癖のある人がいて、
いつもよく考えてるね~と、ちらっと言ってみたら、
「えっ?私は全然考えていません」と返ってきた。
そっかー。
と思い、自分の感想を引っ込める。
相手が気づかぬうちは何事も無理。入っていかない。
こちらが何を伝えても相手の中心には届かないはず。
もしあの人生に必要なら、きっとそのうち自分で「!」と気づくはず。
気づかないままなら、それでいいということ。
人生はそれぞれだ。
なにも問題ない。
たとえばそれは、私自身も同じこと。
その時に必要なタイミングが来ていたら
相手に言われたことに対して「?」と引っかかるはず。
引っかからないのは、
今タイミングじゃないか、必要ないか、そのどちらか。
そこをしつこく言われ続けても迷惑なだけだ。
どんなに素晴らしい意見でも、
迷惑なだけ。


メンバーと会う日は、
近所のカジュアルフレンチレストランでランチしようと決めていたのに、
なんとその日はランチがお休み。
数日前に予約の電話を入れた時最近そのようになったことを知りました。
いつも利用しているので少しくらい融通がきくかと思ったらだめでした。
「10人以上なら」なんて言われて.....。
(私達は6人。あと4人足りなかった)

もう行かないと決める。気を悪くしたので。
電話の対応のなかでお店側に対して、
「あ、今、失敗したな」と感じるものがあった。
味は美味しいけれど、サービスの面で大失敗だ。
ああいう感じのところはそのうちつぶれるかも。
お客なんていい気なもの。たった一度の失敗で平気で離れていくもんだ。

それでもあちらの立場にもいろいろ都合があるのだろう。
「わがまま申し上げてごめんなさいね」と心をこめて伝え電話を切った。
心の中で優しくさよならを言いながら。

で、
どうしようか?と思い、
よく行く近所の洋食屋に入りながら考えた。
美味しいカキフライ定食を食べながら、
「あら、ここでいいじゃん?」と思いつく。
そこは小さなお店だけれど、味はピカイチ。
日本橋の老舗、「桂」というお店。
魔女の衣装を着せたら絶対似合うだろうな~と思う女将さんがいます。

6人でランチして、青山の書店へ行って、近くのカフェでお茶して、
最後にまた天使の店へ行って、解散。

次回は、打って変わって、
豪華ランチにしようと思う。
私が「魔法使いの弟子」に書いていたことを、
実際にみんなでやってみようと思います。
ひとりひとりの心にどんな変化が現れるのかがとても楽しみです。



「魔法使いの弟子」といえば、
おのせちゃんのデザインが素晴らしいっ!
めちゃ素敵な本が生まれそうです!!!!
原稿チェックしながら大変な興奮状態の私。
このまま順調にいけば、来月から予約受付を開始できそうです。
皆様お楽しみに!


追記)
そういえば、本屋さんで、
また、きのこ。(笑)
カヴンのメンバー全員で驚く。

1874.jpg

実はこの本の隣りに、
私がずっとずっと翻訳出版を希望している本が置いてあった。
実物を観たのは初めてだったので大変驚いたのでした.... 
「もうすぐだよ」と聴こえたが。
どうだろう?





Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる