FC2ブログ

Entries

2008.9.15 雨の満月

ある人のためにカードを引きました。

天使が持ってきたメッセージは「NO WORRIES(心配ない)」

☆恐れのかわりに自分の望みに集中しなさい
☆自分の真のパワーに気づいて
☆すべてうまくいくと思い、リラックスして
☆奇跡的に改善されることを期待し、信じなさい
☆サポートを受け入れ、心と身体を休ませなさい


メディスンカードでは、ウサギがやってきた。
ウサギのメッセージは「恐れ」
ウサギは恐れを呼ぶ者へ警告を与える。
悲劇、病気、災害などを恐れる者がそのレッスンを学ぶため、
かえって恐れの対象を引き寄せるという現実を教える。
抵抗すればするほど、抵抗している対象はそこにあり続ける。
「こうなったら嫌だ」が実際に起こる。
今すぐ悲惨な出来事について話すのをやめよう。
「もし.....だったら」を、あなたの心から削除しなさい。
人生の問題を解決したい、けれど、できない、
「未来への不安」を感じ、追いつめられ、硬直した感情。
これらを手放しなさい。
「物の見方」を変えない限り、何が起きているのかを把握できない。
どんな状況にも必ず出口はある。
なぜなら宇宙は常に動いているから。
そう考えることが解決への糸口となる。
ウサギからヒントをもらおう!





サイトのトップ写真を変えるようにとマチルダ。
言う通りに変えて、
その時のカウンターをみて、
意味を数字の本で調べて.....
愕然としました。

聴こえてくる声が、大きくなっています。

今はひとりでは無理なので、光りに誘導してもらいながら、
しっかりと一歩一歩、歩いていきたいと思います。

ここ最近、
エッセイの感想としてたくさんメールが届いています。
読者からのお便りを読んでいると、
今、人の心を動かす何かが漂い始めているんだなと、改めて感じます。

とても印象深かったメールを、みっつ、紹介します。


『何もわからないのに、
 苺さんには使命がある、と確信します。
 苺さんのことは、いわば、知ったばかりなのに、
 とても信頼しています。
 苺さんのことばは、生きていて、
 こころの中で、細胞分裂を起こして、
 深ーい喜びを巻き起こします。
 おおいなるちからに愛されて、
 自然に生き生きと生きているひと。
 草冠に母と書く苺という字がよく似合う、
 甘く可愛いのに、凛として親心に満ちた、
 香り高い一個の実り。
 何だかさっぱりわからないけど、
 苺さんなら、使命感に潰されずに、
 すべてを喜びに変える奇跡を起こせる!
 と、伝えたくなりました』


『苺さんのことばと
 行間の波動を感じるのが楽しみでなりません。
 今日も眩しいくらいの光を感じます。
 私の住む地は、みちのく宮城県です。
 近くの田んぼの稲が穂を垂れ、
 黄金色に輝き始めました。
 ほんとにほんとに美しい金色の海に見とれながら、
 「あぁ、こ~んなに光っている!!」と
 苺さんを思いました。
 どうしてこんなに愛おしいのかしら?
 と自分でもびっくりします。
 わたしもそうだし、
 でも、やっぱり、
 背後の神様が、
 愛おしいと感じているんだなあ...
 としみじみ思いました。
 今はまた、こんじきの月の
 まあるい光を見ながら、書きました』


『お久しぶりです。苺バザールに参加させていただきました者です。
エッセイ、読ませていただきました。
私は、「信じること」に決めました。
このメールを書き終える頃には、「確信」となっていることでしょう。
私の“電車”は、”光の支線”を走るでしょう。
”探し求めるものは、
 それを探し当て、探していたものへと変わることができる”
あなたの愛のキスに、揺さぶられる魂がいることを教えたかったのです。
たとえ、それをわかっていたとしてもです。
私が伝えたかったのです。
「ありがとう」と。
いつか、ちゃんと音で伝えます。
苺さんがマッハで走っていても聞こえるくらい大きな音で伝えます。
だから、進みつづけて下さい』



素敵なメールをありがとうございます。勇気をいただきました。
ここに紹介できなかった皆さんも!本当にありがとうございます。
心からお礼を申し上げます。

感激して、
しばらくパソコンの前で泣いたあと、
私はあることを天に向かって宣言しました。
それはある意味、私が「絶対いや」と思っていたことなんですが、
もう目を背けるのをやめました。
時がきたら、
どういうことだったのか皆さんにもお知らせできると思いますが、
今はただひとり静かに進んでゆこうと思います。

これはびっくりなことです!

まったく予想もしていなかった方向へ人生がカーブしています!

私は今徹底的に変わろうと思います。

道を、変えようと決めたのです!

東京地方、満月に雨が降りました。
私のスピリットは水。
天からきらきらと、光りの水が落ちてくるのをみつめました。

さあ、
また新しい修行が始まります。






Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる