FC2ブログ

Entries

Comprehension

今日はこんな数字に出会った。

1837.jpg

「44」
しかも「ボタンでお呼びください」という言葉とともに。
めちゃウケる。(笑)

支払い伝票を見たら「2,444」円だった。
ふうむ。
続くゾロ目。
これはどうにも気になるぞと、本屋へ。
たしかドリーン博士が書いていたはず。
数字のメッセージの本。
前に書店で手にとったことがある。
ものすごぉく気にはなったけど、
その時はまだ必要ないと思って買わなかった。
私は、
どんなベストセラーでも興味をそそられる本でも、
「とりあえず読んでみる」ということをしない。
知識のために読むということが、できないから。
特に魂の領域に直接関わる本は、「今なら」と、
人生で実践できると直感した時に買うことが多い。

エンジェルナンバーの話も、知ってはいたけれど、
まだ自分には必要ないと思ってた。
でも、いよいよきたかという感じ。

本屋へ行ったら、あった。一冊だけ在庫が。
ちらちらっとページをめくって、「よし」と確信して、買った。

ここのところ続いたゾロ目の箇所を読んでびっくり。
ほほぉ...と思う。
書かれていることについて、
今の自分の道のあそことあそこに関わる部分だなと、
すぐに理解できた。

これは面白い。

じゃあ、今日は一日数字のメッセージを受け取るという方法で、
天使と会話を楽しもう!と思い、
そう決めたことを祈りのなかで伝えて、
目につく気になる数字を、
片っ端から本に書いてあることと照らし合わせたら、すごいことになった。

おもしろぎる。

一貫して伝えられてきたことは
「とにかくこのまま進め。あなたは正しい道の上にいる」だった。
どの数字でも、結局はこのことにいきつく。

本の魔力って、本当に興味深いと思う。
文字は、変わらない。
一度そこに書かれたものはもうずっと。
でも、
読む人のチカラによってその影響は様々だ。
同じ本を読んだとしても、
誰にでも等しい作用が訪れるわけではない。
文字をなぞるのは簡単だけど、
「読み解く」「受け取る」となると話は全く別だと思う。

世界は見えている通りではない。

そこに「なにが書かれているのか」を知るのは魂の読解力にかかってくる。

この本に限っていえば、
たとえば...
「1」のページに書かれていることを読むとする。
読んだ人すべてに同じ言葉は与えられる。
けれど、
それぞれの人生に照らし合わせ、
言葉の裏にあるものを読解するならば、
そこには、
人の数だけ違った意味が生まれるということを、
忘れてはならない。

このことから、

文字には、
目には見えない形で変身するチカラがあることがわかる。

どんな書物からも自分の言葉を探し当てることが重要だ。

そこに書かれていることを本当に理解しようと思うなら。







Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる