FC2ブログ

Entries

自分に嘘をつく人

雑誌の連載スタッフで食事会。
代官山にあるフレンチのビストロで。

1814-1.jpg

いつも一緒に組むライターの女性。
私より年齢は上だけど、
美味しい食事を頬張りながらなんとも無邪気な可愛らしい笑顔。
向かい側に座った私はその幸せな顔をずっと見ることができた。
そして、思った。
怒鳴ったあのあたりが今の私の限界なんだな、と。
これからも限界を広げていく修行は続けるだろう。
でも私は、
自分が天使とか仏になりたいわけじゃぁないんだよ。
自分らしさだけは見失うまい。

1814-2.jpg

この話を知ってる人に、
「あの人が自分に嘘をついてるとわかったから怒った」
と説明したけれど。
それがどういうことなのか、理解できないらしかった。
それはどういうこと?と尋ねられて、あははと笑った。
いくら説明してもあなたはたぶんわかんないよと思う。
なぜなら、
あなたは嘘をつかない人だから。
人につくことは、たまにはあるかもしれないけれど。
たぶん自分には嘘をつかない人だから。

1814-3.jpg

人は、自分の中にないものは見えない。
あるものしか、見えない。

私は、自分に嘘をついたことがあるから。
それで大変な目にあったことがあるから。

わかるんだ。

危険な場所に足を踏み入れようとしている人を目撃したら、
「あぶないっ」と叫ぶでしょ。
私が怒るのはそれと同じようなこと。
咄嗟の警告。
どんな人に対しても、そこだけは、一歩も譲れない。

基本的な私の信条は、
人は人。人のことはわからない。

だけど。

この一点だけは、放っておけない。どうしても。

だからここが限界点、今の私の。 そう感じる。

1814-4.jpg





Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる