fc2ブログ

Entries

2008.6.4 新月 と その後

都会の街を歩いていて。
ふと見上げた空。
雲の流れが速い。
上空に強い風か。
雲間に青空。
アリゾナを思い出す。
あの大地。
砂嵐。

私はどこにいても同じ。私は私。
大自然の中だろうと、
人工的な都会だろうと、同じだ。

都会にいれば、自然の素晴らしさを願い、
自然の中にいれば、都会の利便さを願い、

けれど、やがて

都会にいても自然を感じ、
自然の中にも人の営みをみるようになる。


witchgardenを作ってから、
まるで自分が森の一軒家で暮らしているような気分の毎日。
ほんの、ほんの、小さなスペースなのに。
大きさは関係ない。
肝心なのは、どこにソレをみつけられるか、だ。
自然が何かを知っている人は、どんな小さなスペースにも
それを発見することができるし、
それを自分で生み出すこともできる。

光と影が織りなす美しい「絵」が生活に入り込む瞬間とか。
1803-1.jpg

ほころび始める蕾の香りとか。
1803-2.jpg


都会の環境を嘆いてばかりいて、
広大な土地を持つ田舎だけが自然だと思っているような人は、
本当のことは見えていないと思う。

ここまで考えて
ある人が浮かんだ。

まさに、あの人がそうだった。
すべてがとんちんかんでアンバランスだった。
せっかく田舎生まれの田舎育ちだと言うのに。
「そこにしか」よきものがないと思い込んでいるふうだった。
大切なものが見えていない。
かえってその中に生まれた人の方が気づかないのかも。
これは何に関しても。
だから「出る」という作業は大切だ。
どこへでも出かけていっていろいろ見るのはいい。
そして戻ってくる。
自分の一番好きな場所に。



昨日の朝、はじめてベランダに鳥がきた。
なんていう鳥だろう?
すごく奇麗な歌声だった。二羽いて....
見たことない姿をした鳥だった。
また来るかな?
小さな森を発見したと思ったかな?(笑)

エミリアン‧ギョーはすべての蕾を咲かせてくれた。
1803-3.jpg

大きさは10センチほどもあるだろうか。
一番大きく咲いた花を切って、バスタブに浮かべた。
花の中心から、くらくらするほど素晴らしい香り!
嗅げば深い多幸感を味わえる。
薔薇はやっぱり香りだな..と実感。
かたやまちゃんにいただいた珍しい緑の薔薇も
一緒に浮かべてみた。

1803-4.jpg

見ていたらもっと入れたくなったので
終わってしまったシャクヤクの花びらも浮かべた。
お姫様気分の花風呂になった。色が奇麗でうっとり。

1803-5.jpg

ローズマチルダは、ただいま蕾を四カ所に。
今度は無事に咲くだろうか。
1803-6.jpg

1803-7.jpg


ゆりの蕾はすごーく大きくなって。 いよいよか...
毎日どきどきする。咲いたら感動すると思う。
1803-8.jpg


ミニバラは、またたくさん咲いているところ。
1803-9.jpg


ローズゼラニウムは室内でもよく育つ。
そして葉っぱがいい香り。
パソコンのデスクに置いて時々触る。
それだけでパワーをもらえる。
これは魔法のハーブだなと思う。
虫除けハーブとしても有名らしいけれど、
こんな薔薇のようないい香りを持つのに、
虫を寄せ付けないって...
いったいどうやって?
絶対「魔法」を使っているに決まってる。
そうだ、そうだ、そうに違いない。
どうやっているのかその方法を教わろう。
たとえ共通の言葉は持たなくても通じ合える。
魔術を志す者を助けてくれる薬草に違いないと、
思うから。

1803-10.jpg


私は、完成した満開の花より、
蕾や咲きかけの花に魅力を感じる。
咲き始め、花はもっとも強く香る。
まだ人生で自分は花開いていないと感じるあなた。
そのことでしょんぼりしているとしたら。
ばかいっちゃあいけないよ!おまいさん!
今がまさに
一番素晴らしい瞬間を過ごしている時なのかもしれないよ。
あ。そっか。
と後から戻ろうったってね、
それはできないことなんだから。
達成したあとのことばかり考えないで。

とにかく今を楽しみなさい。

世界は美しい。

1803-11.jpg




Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる