FC2ブログ

Entries

久しぶりの小栗旬

よーーーーく考えてみたら。
彼を撮影したのは去年の7月だった。
その間に、
私はアリゾナへ行き、まーぼーが死に、
担当編集者のたっきーは退職し、
一度隔月発行になったアクチュールはまた季刊誌に戻り、
小栗くんはスーパースターになっていた。
時は流れる。
はやい。

インタビューが進行するなか、なんとなくぼやんと、
やっぱりこのグルーブはいいなあとスタッフを眺める。
たっきーがいないのは淋しいけれど。
小栗くん、
しゃべり始めるとノってくる瞬間があって...
あの、スイッチが入ってからの彼のトークは、いつも面白い。
みょうちくりんな人だよなと思う。
これから何を見せてくれるだろう。

人って、
表面的に言葉にすることと、
心の奥深くの思いが別になってることがあって、
そこに気づかないと人生思わぬ方向へいくことがあるけれど、
小栗くんの場合はどうだろう?

「ほんとう」のことを究めていくって、チカラがないとできないはず。
拡大と縮小、構築と解体を繰り返す、根気と強さが必要だ。
だけどなかなか、普通の人だったら怖くてできないだろう。
あまりにもたくさんのものを手にしてから、一度すべてを手放すって、
相当自分のこれからを信じている人じゃないとできないと思う。
でも、
あの場所を目指すというのなら。
答えはひとつだ。

彼の吸っていた煙草のパッケージ、
「SPIRIT」と書いてある。
ふふふ...(笑)
やっぱり。
大丈夫だ。
世界は暗号に満ちている。
サインはこんなところにも。

1773.jpg

小栗くんは魂にチカラのある人なのできっと大丈夫。






Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる