fc2ブログ

Entries

火のパワー

山小屋はまだまだ寒かったので、
火のチカラを借りて、
たくさん助けてもらった。
キャンプとかに慣れてる人だったら、
火起こしとか簡単にできるんだろうけど、
私はまだまだ下手っぴちゃん。
ない知恵を絞っていろいろ試す。
時々聴こえる虹色の声に従いながら。

火が起こった時はすごく嬉しい。

しばらくじーっとみつめる。

1/fの揺らぎだな、これが。

どんなに見ても見飽きない。
一時間なんてあっという間に過ぎ去るほど。

薪が水分を多く含んでいるとなかなか火がつかない。
なるほど、と思う。
私は、
水をたくさん飲むようになってからあまり怒らなくなった。
きっと関係があるに違いない。
火のパワーは怒りの象徴。
それとは別に、
想いの爆発力にもなる。
その場合、
今度は適度な乾きが必要になってくる。
ただし、だからといって、
ひとりで燃えようと思っても空回りするだけ。
風のチカラが必要だ。
風は、乾きを生み出し、火にチカラを与える。
勢いよく燃えながら前進したい時は、
自分のまわりに風を呼ぶことが重要なんだと実感する。
しかも、一度だけではだめだ。
すぐに消えてしまうから。
絶えず風のチカラを持続させる環境作りが大切だ。
それには「スペース」が鍵となる。
心にも、
風が吹き抜ける空間を作ることが必要。
ぎゅっと想いだけが密集してしまっては風が舞い踊れない。
風がやってくる方向を見極め、
うまく通り抜けできる道を自分のなかにつくるべきだ。
そうすれば、
願いの炎は高く燃え上がり、宇宙まで届くだろう。

自然の法則から教えてもらうことは計り知れない。

1769-1.jpg


さて、
炎の向こうに、ついに立ち上がったハンプティダンプティ。
どうだ!(笑)

1769-2.jpg

撮影してたら、雨が降ってきたので、慌てて小屋の中へ戻る。
いろりに薪を移す。
これ、あってるかな?と思うほど火が高く上がって怖くなる。
火事にならないかしらん。
部屋の中では、やりすぎなんじゃ?

1769-3.jpg


最初、木を燃やすと部屋中に煙もくもく、
ひとりホルモン焼き屋状態になってしまって困った。
炭はガスが出るし、ひとりの時は使わないと約束してたので、
木を燃やすしか暖をとる方法はないんだけど...
そのうち「加減」というものがわかってきた。
最終日、師匠が迎えに来た時、
「いや~、あなた。マタギに見えるよ」とウケていた。(笑)
煙もくもくにならずに、火を絶やさない方法ってのがあったんだよ!

1769-4.jpg

あ、ココか
とコツをみつけ出すその感じは、
ファインダーの中にシャッターチャンスをみつける一瞬にも似て...
人生の謎が解ける瞬間の感じにも似て...
面白かった。

教師は、
山の精霊たちと、
天使と、
マチルダ。
火と水と風と土のスピリット。

もうこの魔法授業はやめられない。 楽し過ぎる。


1769--5.jpg
山では、簡単な食事しか取らないので、
体内が自然とクリーンになっていくのがわかる。
今回いつも食べていたのは、あの、麦デザート。
それとハーブドリンク。

1769--6.jpg
あ、
らーめんも作って食べた。(笑)好きなので。
ネギとタマゴを落としたやつ。
器がなかったから鍋のまま。豪快に。山っぽい。(笑)

食事はいつも外で食べる。

食事だけじゃなく、
いつか、
小屋を出て外で眠れるようになったらいいな。
少しずつ世界と融合していきたい。





山を降りる時、辺りには霧が立ちこめていた。

サヨナラ、

また来ます。

1769-7.jpg



        これで、新月のおはなしは、おしまいです。




追記)
アリスも立ち上がりました...
1769-8.jpg






Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる