FC2ブログ

Entries

扉の向こう



       敵は 自分の外にいるとは限らない




第一の扉から入った人たちの中で
あちらこちらに動き回っていろんな人と繋がり始めた人がいる。
まあ... なんて、すてき。
今までは遠くから見ていただけの人同士が、挨拶とかして。
仲良くなっている...
これだ!と、ひとりポンと膝を打つ私。
いちらーはいつでも素晴らしいマジックをみせてくれる。

今、私が
「扉」と表現したり「自分の場所」と表現したりしてるのには
深い意味がある。
それを理解してとはいわないが、
その通りにやってはみてほしい。
せっかくのチャンスなんだから、これは。

見ていると面白い。
さっさと楽しんでやってる人。
ちっともやらない人。
言われたからやる人。
その人それぞれ、そのように、同じように、人生も動いているはず。
まずは自分でそれを「見て」ほしい。
自分を、知ってほしい。

こんな時、自分はいったいどう動くのか。

私がとても感動したのは、
ビーズを使っていろいろ作るのが好きだという女性。
自分の作品を写真にとって「自分の場所」に飾っていた。
その作業が、彼女には「とても大変」だったらしい。
つかれた~
と何度も書いていた。
んんんんん~っ!えらいっ いいぞぉ
それでもあなたはやったんだから。
そういうことが、大切なんだ。
コノヒトは自分でそうとは知らずに、大変な進歩を遂げました。
それは、この先の日常に、わかりやすい形で表れる。
本当に突然「そっか!」という形で。
そのとき、
コノヒトは世界の秘密を知るだろう。

「魔法使いの弟子」が、これから始まる。
始まってから、そこに書いてあることを、
自分の内側に取り入れることができるか、
できないか、
今はそのウォーミングアップみたいなもの。
今なにが起きているのか、
よくわかっている人とまだわかっていない人が、
私の位置からはよく見える。
わかっている人は、そのままずんずん進んで欲しいし、
わかっていない人には、「魔法使いの弟子」を連載していくなかで
伝えられたらいいなと思う。
伝わる時は、一瞬だから。
それこそ「あっ」という間だ。

自分の場所を整えなさい。
まずは、
それをしなさい。
それはすべてに通じる道だから。
あなたが何者なのか
他の人が見てわかるように、あなたの場所を整えてください。

まもなく第二の扉が開きます。

(「第一の扉」はこちらをクリック)
     ↓
http://www.cafe.magsook.jp/




今日は朝から、びかーっと掃除しました。
部屋がぴかりんまるです。
もうこの人には会うこともなかろうと思う人の名刺も捨てました。

昼間、小雨がぱらつき、

でも掃除が終わって気分良く、出かけたかったので外に出ました。
お昼ご飯を食べ忘れていることに気づいたので、
「グリル満天星」へ。
カキとキノコのドリアというのを注文してみました。
先にスープとサラダが運ばれてきたよ。

1696-1.jpg

ランチタイムサービスなんですって。
もう16時なのに!

1696-2.jpg

ほぉ~っと嬉しい気分で窓の外を見上げたら、雲が移動していて、

空が晴れてきました。

そう。いつだって、世界は暗号に満ちている。
私はサインを見逃さない。

晴れ。 

1696-3.jpg


進めの合図だ。 

仲間と一緒に、



           進もう!







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人形のポストカードを販売しています。

作品ヴァージョン
1693-2.jpg

会場ディスプレイヴァージョン
1693-3.jpg

5枚1セット 1,000円です。
住所 氏名 希望セット数 
以上をご記入のうえ、
info@ichigo-natsuno.comまで
メールにて、お申し込みください。
たくさんのお申し込み、お待ちしています!
(締め切りは12/10)






Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる