FC2ブログ

Entries

旅のおわり

ぴーかんに晴れた空。
気持ちのいいセドナの朝です。

エンジェルが迎えに来ているよ~
と、本心さんが教えてくれた。

本心さんの家は、ちっさな森の中にあるみたいな雰囲気。

1675-1.jpg

1675-2.jpg

家の軒先にはいくつものドアベルが下がっていて、
夜、静かな時間には特に素敵だった...
ちゃらちゃらら~... と風に吹かれて
小さな音で天然の音楽を奏でてるみたいで。

真似したいなあと思った。
うちは、ひとつしか下げてないから。

本心さんは、天使の出入りの音だと言っていた。
朝出かけて行って、夜また帰ってくるんだって。
ちゃらら~...って。

1675-3.jpg


本心さんが心を込めて豆をひいて、
スペシャルなコーヒーを入れてくれると張り切っている。
(笑)
1675-4.jpg

なんて素敵なの!
1675-5.jpg

私は、朝ご飯を作る手伝いをした。
もう家族みたいだ。
1675-6.jpg



本心さんの家の前に、黄色いスクールバスが止まっていた。
なんだろう?と思ったら、友達だと言う。

1675-7jpg.jpg

バスの中を見せてもらった。
なんと、
家だった。(驚)
キッチンも書斎もベッドルームもアトリエもある。
これで旅しながら作品を売って暮らしているアーティストだった。

1675-8.jpg

ほぉ...
私のアート魂にも火がついた。
がんばらなくっちゃ!

1675-9jpg.jpg



セドナは面白すぎる。

ちょうど開催中の、
セドナアートフェスティバルに連れて行ってもらった。
本心さん、お店があるのに。
奥さんに店番を頼んで、一緒にきちゃったよ。
何がそんなに気が合うと思ってくれるのか、
本心さんは私達といると、とても楽しそう。
光栄です。

お昼前に、一度フラグスタッフへ行きたいと告げたら、
最後にもう一回セドナへ戻って来いと言う...(笑)
なかなか別れがたい我ら。
わかったと約束して、フラグスタッフへ。

途中休憩した場所で、カブトムシに会った。
虫、もう怖くありません。
手のひらにのせて、挨拶したよ。

1675-10.jpg



フラグスタッフに到着後、
お目当てのインディアンジュエリーのお店へ直行。
私は、妹への誕生日プレゼントをみつけた。
そして... またしてもカチーナに釘付け!
前に寄った時にはそうでもなかったのに。
セコンドメサへ行ったあたりから、私の心はカチーナに恋してしまった。

カチーナ、カチーナ、愛しのカチーナ....

さて(笑)、私は...

このあとどうしたでしょう?(答えはエッセイの最後に)



それから、
一番最初にこの町に立ち寄った時にみつけていた教会へ行った。

1675-11.jpg

中に入った。
小さくて、誰もいなくて、静かだった。
お祈りをして、写真を撮った。

1675-12.jpg

1675-13.jpg



ふたたびセドナへ戻る。
なんとなくそれぞれが目を逸らしながら
先へ先へ延ばしていたことが、とうとう目の前にやってきてしまった。

お別れの時がやってきた。

私は、
まさか自分がここで
泣くとは思わなかった。

子供みたいに泣きじゃくってしまって、自分で驚いた。

1675-14.jpg

なぜだろう。

だって、また会えるのに。

今年の春、和歌山での個展で、
最後に和歌山エンジェルズと別れる時に彼女達が泣いたのが
不思議だった。
また会えるのに、どうして泣くの?と。
今ならわかる。
あの時のみんなの気持ち。
私はきっと、少し変わった。
あの時わからなかったことが、今はわかるようになったのだ。
何かがどこかでどうにかなって。

本心さんが抱きしめてくれた時、
耳元でいくつかの言葉を囁いた。
何を言われたかすっかり忘れてしまったけれど、
勇気をくれるようなエネルギーが私の中に入ったことだけ、
覚えている。


車の中から、さようなら、と手を振った。

1675-15.jpg

胸の真ん中が痛い。

大切なものが増えるほど、
人は、
痛みや切なさも増えていく。

1675-16.jpg



フェニックスへ戻って、荷造りをして、仮眠をとって、
明け方の4時には空港でチェックイン。

そうか。
今までまったく気がつかなかった。

フェニックス。

不死鳥か...


私が出発前にひいたルーンが「ブランク」ルーンだった。

ルーンの書に、

“ ブランク(空白)は終わりであると同時に始まりでもあります
これは完全な信頼を表すルーンです
また、不死鳥のように宿命という灰の中から何度でも蘇る、
いわばあなた自身の真の運命に今まさに直接関わろうとする、
胸躍るような証でもあります ”

と書いてあったことを思い出した。


フェニックスに降り立って、
ふたたび
フェニックスから飛び立つ。


アリゾナの旅。


私は「ほんとうの旅」というものを

初めてしたような気がする。

1675-17.jpg







Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる