fc2ブログ

Entries

ラスベガス→ザイオン国立公園

ラスベガスのホテルにチェックインする時、
フロントの女性に「This is firsttime」と告げたら
朝食の無料券をくれた!
らっきー!
素泊まりの予定だったのに、ホテルで朝ご飯が食べれて嬉しい。
私はホテルのご飯が好き。
バイキング形式だったので朝から好きなものをもりもり食べて
ザイオンへ出発した。


途中ひたすら平原を走っていたのに、
突然山(岩?)の中へ入っていき、驚いた。
ディズニーランドのアトラクションにでも乗っているような気分。
どきどきしすぎるので、師匠に運転を代わってもらう。
少しテンション低めにして、ザイオンに備える。
低めでちょうどいい。
高くしてしまったら、興奮しすぎてひっくり返りそう。

1670-1.jpg


着いてびっくり。言葉も無い。
なんと表現していいかわからない。
ので、
ここからは写真をお楽しみください....

ザイオンには、神が宿る と、感じます。
どこにも自然の神様はいると思いますが、
ザイオンではそれをとても身近に感じることができます。
すぐそこに、神々しい岩山が迫っています。
ものすごい迫力です。

今夜泊まるところは、公園ゲート前のロッジ。
すぐ裏に山が見える。

1670-2.jpg


園内は無料のシャトルバスに乗って移動。
さっそく、一番奥まで行ってみることに。
途中で、エンジェルランディングが見えるはず...
どれかわかるか心配だったけど、
「見ればすぐわかるわ」と言ったマチルダの言葉通り、
観た瞬間これだ!とわかった。
その時ドライバーが
「angels Landing」と言ったのも聴こえた。
 
バスの中から写真を撮る。
涙が止まらない。

1670-3.jpg


終点でバスを降りて、
ここから川歩きをする予定だったけれど、
水が氷のように冷たい。
ちょっと無理...
手を少し川に入れただけで脳天がきーんとするので。
今回は断念。
そのかわり、川沿いにずっとトレイルロードがあるので、
そこを歩くことにした。

1670-4.jpg

私は、セドナの乾いた感じも好きだけど、
やはりこうして水が豊かで、緑が多い場所が好き。
たぶん、水が好きなのだ...
ザイオンの森も素敵。 住みたい。 ここに住みたいっ!
師匠にそう言ったら「国立公園なので無理」と言われた。
彼はいつでもさっぱりしている...

1670-5.jpg

1670-6.jpg


後ろから「いよっ!」と声をかけられ、驚いて振り向いたら
みっちゃんだった。
おぉぉーっ?と感激!
実は、今回の旅、
ハワイ在住のみっちゃんが日本出張で来た時に汐留のホテルでお茶しながら
「私、ダーリンとアリゾナ行くんだよね~」と言ったのを聞いて
私も行こうと決心したのだった...
日にちをほぼ合わせて、セドナかラスベガスかザイオンで合流しようと
言い合ってはいたんだけど、なかなかうまく会えないでいた。
こんなところでこのタイミングで「いよっ!」とは...(笑)

約束なんてしなくても、会える人とは会える。

聞けばみっちゃんたちも今夜は同じロッジに泊まるとのこと。
旅は一瞬だけ5人組になった。
サンセットタイムは、バスを途中で降りて
夕日に赤く染まるザイオンの岩山を観ながら
ビジターセンターまでトレイルした。

1670-7.jpg


夜はロッジ近くのタイフードレストランで。
美味しかったです!


翌朝はサンライズとともに庭で瞑想をした。
朝日に、本心さんのペンダントもかざした。
とても
とても
とても
きれいだった。

ロッジに隣接するカフェで朝食をとって、
次はアンティロープという場所を目指す。





1670-8.jpg

旅は、
どんなに後ろ髪引かれても別れを受け入れなければ先へは進めない
ということを身を持って体験できる。

もうこのままザイオンに住みたいと思ったけれど。

先へ進みます...


1670-9.jpg





Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる