FC2ブログ

Entries

徐々に加速

二日間、東京ビッグサイトの展示会に参加してみて思ったことは、
素人のお祭りみたいで面白かった、ということ。
先生やアトリエのみんなと参加できて楽しかった。
また機会があったら、
町内会のお祭りに参加するような気分でやってもいいなあとは思うけど。
やっぱり私は、真面目に何かを発表するなら、個展が好き。
言葉でどうとは説明できないけれど、
プロの個展はすごいなあと思う。(好き嫌いは別として、何を観ても)
テンションが全然違う。

今にして思えば、今年の春、
和歌山での個展「天使のダンス」は凄かったなあ。
スタッフは全員素人だったのに、よくぞあそこまで出来たもんだ...
今回、展示会初日に人形をディスプレイする時に、
(ものすごいシンプルな展示なのに)
目が三角につりあがってキーっとなっている(笑)アトリエのみんなを見て、
私は、
たった一時間であの複雑な祭壇を復元した和歌山エンジェルズ達を思い出し、
なんだか胸が熱くなった。
あれは..... やっぱりどう考えても
奇跡だったと思う。

火曜クラスの私は、土日クラスの皆さんを知らないので、
会場で初めてご挨拶する方もいた。
作品も初めて観るものがたくさん。
凄くレベルが高いと感じる。
びっくり。

1653-1.jpg

ふざけたような作品を創っているような人は、私だけだ...
ディスプレイまで、ふざけてる...
皆さんの作品は、どこかシリアスというか、二枚目な感じで、
私はどうしてもコミカルというか、三枚目。
根がふざけた野郎なので仕方ない。
本当にひとりだけテイストが違ってしまってごめんなさい、と思う。
私は集団には向かない。
こんな時、勝手な生き方をしているのが浮き彫りになってしまう....
そんなわけで私のスペースだけ、
自分の気に入るように好き勝手に展示してしまったわけですが....
これでよし、と頷く心。(笑)

1653-2.jpg

家で観た時は、この作品はもう違う!と感じて
いまさら飾るのもどうなの?と渋々な心だったけど、
いざ、会場に展示してみたら、.............. やっぱり私はこの天使達が好き!
と思った。
ふっしぎー
ふたりの天使はすっかり張り切って、ものすごい可笑しかった。
ぴーっと指先と背筋を伸ばして、観客に向かって立ってる姿が
どうにもツボッた。 可愛すぎるー。 これが親ばかってもんだろうか。
ぷぷぷぷ~(笑)

1653-3.jpg

この作品は、これから、どんな展示会の時にも必ず飾ろうと思った。
苺ワールドの守り神という感じがするから。
イメージは、...神社の狛犬、 か、 沖縄のシーサー。(笑)
縁起がいー感じなんだよね~

みんな交代で
会場をくるくるまわって...
安藤早苗先生は買い物フリークだということがわかった。
まわって帰ってくると、必ず手に何か袋を持っている。
着物を買ったと言って、
その場で洋服の上から羽織ってはしゃぐ姿を見て、
(一応ここは展示会場....)
やっぱりこの人は本物のアーティストだと思った。
完全にどこかおかしい。(笑)
心の底からこの人を好きだと感じる。
私は、みっつ、小さな買い物をした。
人形の洋服に使うもの。
素敵なものをみつけた。
一回簡単にまわったらもう飽きてしまったので、あとは椅子に座って
ずっと人形の関節部分を磨いていた。(とてもはかどって嬉しかった)

ちょっと離れたところにあるブースを見たら、
そこで売り子をしている男の子の背中がめちゃタイプだったので、
気になってちらちらと、後ろ姿を盗み見して楽しんでいたけれど、
くるっと正面を見た時確認したら、まったくタイプじゃなかった。
くすん、(泣) 見なければよかったな。
好きなのは、後ろ姿だけ....  短い恋だった。

初日に、
去年の青山での個展「魔法使いの弟子」にいらしてくださったという女性が来てくれた。
私はすっかり初めて会ってると思い込んでたら、青山の個展会場で話をしたと言われて、
申し訳なく思う。忘れてしまって。
その方はなにか自分の手をかざして、私の手を包むようにして
「びりびりきますか?」といきなり言ってきたので、ちょっと驚いたけど、
そのままじっと楽しむことにした。 この人は運がいい。
私はたいていこういうタイプの人がくると、さっと心の壁を出す。
用心モードに心が切り替わって、けしてオープンにしない。
でもたまにこんなふうに、開く時がある。
なんの加減だろうか?私の機嫌だろうか?(笑)
いや、この人の愛が、そうさせたのかも。
「じゃ、今度は先生にやって」と言ってみたら「いいですよ」と言って、
腕まくりして鞄を置いて、本気モードに切り替わったので面白く眺めた。
この人は好きなんだろうな、こういうことが。
これを仕事にしていると言っていたものなぁ。
それから次々とアトリエのみんなもやってもらって、
まるでここだけひとりスピコンのようになっていた.... 可笑しすぎる。(笑)
なのに本人は大真面目、......というバランスが素敵だと思った。
先生はあとから「なんだかここいらへんがすーすーするわ」と言って
おでこのあたりを指差し、喜んでいた。
第三の目でも開いちゃったんだろうか(笑)
先生のような人は、もうとっくの昔から開いてるとは思うけど!

二日目に、懐かしい顔の人が来てくれた。
天使の人形を観て「ちょっとこれは.... この顔は... 普通つくんないよね...」
と言ったきり、黙ってしまった。
ああ... そうか.... そうかもしれないねぇ と、私もしみじみした心になる。
最初に創った天使は特に、
いったいどこを見てるかわからない不思議な顔になったので、
なんともいえない雰囲気なのだ。

撤収の時間が来た時、
“わたしたち”は小さく円陣を組んで
「おつかれさま」と握手をした。 ふふふふ^^
またいつか一緒に頑張ろう。

1653-4.jpg



こんな感じで無事二日間終了。ほっとしたら、
「苺バザール」が大盛り上がりで嬉しい驚き。
苺ファンのパワーはヒートアップするばかり。
見ていて、私も学ぶこと多し。
今日の時点で、22点中5点ほど残っているけど...
どうだろうか。全部決まるだろうか....?
ひとり連絡が取れない人がいて困った。
このあとこの人はどうなるだろう。
残り物には福があるとなればいいけれど。
なぜかメールが届かなかったという人も、
ひとりいた。
なぜだろう?
すべてはタイミングの神様のなせる技か?



ブログ「魔法使いの弟子」は順調な滑り出し。
たくさんのコメントをいただいて、幸せな心。
皆さん、本当にありがとう。
これから皆さん自身が実践していける魔法をどんどん書くつもり。
内面はもちろん、外面まで確実に変わりますよ、「魔法使いの弟子」の読者は。
その変化にまず、
皆さん自身が愕然とすることでしょう。
さて、今日は新月です。
先ほど「魔法使いの弟子」に最新記事をアップしました。
お時間ある方、ぜひチェックを。
いつも楽しく拝見しているので、ばんばん!コメント残していってくださいね。
そういえば.....
ゆうべアップした記事。なぜか途中で文字がブルーになって驚く。
コンピューターってわからない。
時々変な更新になってるかもしれないけれど、まあ細かいことは気にしないで。
ソコニ ナニガ カイテアルカ
この一点だけ、見落とさないで
読んでください。

ブログ「魔法使いの弟子」







Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる