fc2ブログ

Entries

山小屋へ 5

その翌朝。
ちょっとだけ窓を大きく開けた。
風が部屋のなかを通る。
気持ちいい!

1645-1.jpg

ドアのところにコオロギ(いえ、バッタ?)をみつける。
じっと見てから
おはようと挨拶して、
そのままシャワーを浴びた。

1645-5.jpg



ご飯を食べて、人形制作。
今日は、外で乾かすことにした。

1645-2.jpg



その後、山奥を散歩することに。
上り坂をゆっくり歩いた。
葉っぱが、かさかさっと揺れるたびに
ビクビクしたけど、楽しかった。

1645-3.jpg

すごくいい匂い。 山の匂い。
私はこの匂いをお金を出して買っている。
サンダルウッドという精油の匂いだ...

1645-4.jpg





午後は外で制作した。
たぶん私はこの時アブに刺されたと思う。
自分の横に虫除けスプレーを置いたままにしてあって、
ふと見たらノズルのところに虫が一匹止まっていて驚く。
おまえ死んじゃうよ?それ...
と思ったけど。
いや、もうこのスプレーの方を信用するのをやめよう。
こんなの嘘だ。
使うだけ無駄。

作業中にいろんな虫が飛んできたけれど、
強い心で「あっちへいって」とか「今作業中!」とか言うと、
だいたいいなくなる。
しつこい奴も、3回くらい言うとどこかへ行っちゃう。
ほっほぉ.... と思う私。
ちゃんと言えばいいんだ...... 
それは、なにかとても大切なことが開いた瞬間だった。
目の前がぱーっと明るくなったほど。

部屋に戻ったら、
ここはアマゾンじゃねーんだよ
というくらい巨大なアリがいた。
しばらくじーっと観察。
忙しそうに歩いてる。
とうもろこしを食べたあと、どうなるか、ちょっと床に置いてみた。

1645-6.jpg

アリ、遠くから見てる。
それから近づいて、触覚を動かしながら点検し始めた。
で、
食べた。
私は目が釘づけ。 たぶん、1時間は見ていたと思う。
面白かった。

1645-7.jpg

1645-8.jpg




夕方が近づいてきて、少し緊張。
部屋に虫を入れないよう、うまくやらなきゃ。
蚊取り線香を焚いて、一度部屋中の窓を閉め切る。
閉める時、外に向かって大きな声で
「みなさん!これから夜にかけて
 ここへは入ってこないようお願いいたしまぁーす」と言った。
気分は「え~、ご町内のみなさま~」みたいな感じで。

そして、外のベンチで早めの夕ごはん。

部屋に入って、 確かめる。
虫はいません。  よし。
明かりをつける。

夜、眠る時、壁のところに蛾を一匹発見。
一瞬ギョっとするが、じーっと見て.....
じーっと
じーっと
見て...
どうするか、ものすごい考えたんだけど。

そのまま明かりを消して、
寝た。




そのまた翌朝は。
窓全開。

1645-9.jpg


外が全部緑って、なんて素敵なんだろう!
爽やかな心で、朝から外で制作。
その後、粘土が乾くまで
また山を散歩。
昨日より遠くへ。 さらに深くまで。
途中、とかげに会った。
木の棒でちょん、と触ったら、ぴゅーっと逃げていったので、
驚かせてごめんよ、と謝った。
素敵な声の鳥が歌っていたので、
私も「ほーっ! ほーっ!」と高い声を出してみたら、
山中に響いて、お風呂のなかにいるみたいで気持ちよかった。


早いもので、もう今日は山を下りる日。
ああ、ここからが本番て感じなのに....
思えば、本当にあそこで車が止まってくれてよいことばかりだった。
もし初日に昼間着いて、最初の夜ひとり小屋に残されても、
虫だらけになった部屋の中で
私はどうしてよいかわからなくて、もうショックで死んでいたかも。
かなり荒治療だったけど初めに“洗礼”を受けたのがよかったと思う。
虫をたくさん殺したことは悔やまれるけれど。
そのことは胸に十字架を刻んで生きてゆこう。
そう迎えに来た師匠に話したら「大袈裟な...」と笑っていたけれど。

普通そこまで考えないよ
とか
深すぎるよ
とか
変わってるねえ~
とか

言われたって。 いいの。 それがあたし。
私からしか見えない景色を、
写真や人形や、言葉や....
作品に溶かしていけたら、それでいいなと思うから。


次は紅葉の頃に行きたいと思います、
山小屋。
今度はどんな顔を見せてくれるでしょうか。
制作に関しては、最高の環境だと思います。
驚くほど作業がはかどります。
作家は皆自分を鎖国して、
人里離れ、孤独にこもる意味がよくわかりました。
必要なことなのです。
なぜだか東京の部屋にこもるのとは訳が違うのです。
人形を磨いている時、聴こえる音が、
小川の流れる音だったり、
風が木々を揺らす音だったり、
鳥の声だったり。
その音はまた、生まれいずる人形も聴いているはずなのです。
たいせつな、たいせつな何かが、
粘土の隙間から入ってゆくのがわかります。
そうして出来上がる人形は、どんな仕上がりになるのか、
少し怖い気さえしますが、楽しみでもあります。

1645-10.jpg


山を下りてから、おじちゃんちに寄って、
鍵を返す時みんなに作品を観てもらいました。
ひとりこもっていったいなにをしとるんじゃ?
というところから
なるほど!これはわかる!
というところに皆の心が移ったことを感じました。
...よかったです。

たくさんの、応援、協力してくれる心とともに、
これからも頑張りたいと思います。

大いなるもの、山の神様、すべてのスピリット達に感謝を。
天の計画に敬意を。

これで山小屋の話を終わります。


追記)
東京のマンションに帰ってきたら、ありえないことに、
エントランスのドアに一匹の蛾が止まっていました。
こんなの初めて。

私は
「こんばんは」と挨拶して、
そのままドアを開けて中に入ったのでした。

決定的に何かが、
変わりました。  私のなかの.....

ふふふふ....


1645-11.jpg
                  お し ま い


(...いや。蛾だと思ったけど。
 羽をたたんでお行儀よく止まっていたので、あれは蝶だろうか? 
   .....とうとう蛾も蝶も、私の中では同じになってしまった。 笑)







Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる