fc2ブログ

Entries

ある読者とのメールのやりとり(中略あり)

読)
エッセイ、今日もとっても素敵でした。


苺)
ロータスばんざい、です。


読)
あぁすてき・・・
ずっと読んでいたいです。
とても響きます。


苺)
ありがとう!


読)
以前、テレビで追っかけ取材をしてたのを見たときは、
ハガキ投稿者が、ロータスの咲く音と思っていた音は、
カエルが水に飛び込む音だった。
という結果でした。


苺)
ふふふ、
最初お寺に行った時、
情報をくれたその人が「ほら?聴こえない?」と言って...
私はうっかり「ほんとだ!」と騙されそうになりましたが、
音のする方へ移動してみたら...
亀が池の淵にぶつかる音でした。(爆)
でも、教えてくれた人はすごく信じているようなので、
それをあまり解明しすぎて個人のロマンを壊してしまうのもどうかと...ねえ?
(笑)
私だって、天使の声が聴こえるってうそでしょ?
と言われたら困るもの。
どんなことでも、その人にしかわからない世界って、
あると思うわ。


読)
自然はなんて、澄み渡った意志で動くのでしょう。
感動・・・・


苺)
私たちも自然の一部よ。
みんな「自分で」生きている気になっているけれど。
大自然のなかで、生かされているだけだわ....


読)
今日もこの感動をありがとうございます!
苺さんと、ロータスのペアに感謝です(^ ^)


苺)
何に対してもそうして素直に感謝の念がわいてくるあなたの心は
本当に、それこそ、素晴らしいと感じます。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



花音のことを教えてくれた人は今、
夏期休暇でイギリスを旅行中です。
帰国したら、私のエッセイを読んでもらうことにしましょう...
それでもし彼女が「いいえ!いちごさん!本当に音がするのよ!」
と言い張るのならば。
来年のロータスシーズンには、また彼女と一緒に蓮池を訪れたい。
今度はどこか遠くへ
旅でもしながら。




けれど私の

心の中には

永久に響く

花音(かのん)......






Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる