fc2ブログ

Entries

舞台「ひばり」観劇

蜷川幸雄氏演出の舞台、「ひばり」を観た。
題材はジャンヌダルク。
主演は松たか子。
友達の小島聖も出演。
彼女にチケットを取ってもらった。
とてもいい席で、前から12~3列目の真ん中。
舞台全体も役者の細かい表情もすべてよく見える席で
とても嬉しかった。
好きなセリフがたくさんあって、
そのいくつかは、
常々自分が思い考えながら生きてることと
まったく一致していたので、なお感動した。

蜷川氏の演出は、本当に素晴らしく、
私は特に光を使った効果が一番好き。
物体を使わずに、そこに物を出現させる、あの手法が。
子供の頃、童話を読んでわくわくした感じを思い出す。
受け手の想像力を最大限に引き出すチカラ。
能の舞台とかにも通じる表現方法。
彼は日本を持って世界へ行ったのだなあと思う。

小島の仕事は、久しぶりに観たけれど、
堂々として、光り輝いていて、そして彼女は可愛かった。
昔から可憐な人だったけれど、
そこに新たに、大人としての、
何か深みのようなものが加わっていたように感じた。
小島は、会うたびにちょっとずつ違う人になってる。
どんどん素敵になってる。
ものすごく刺激を受けた。
小島もまた、今回の仕事には相当刺激を受けた様子。
「今年はばりばり働くよ~!」と楽屋で言っていた。
そんなセリフは、はじめて聞いたかも。(笑)
やる気満々だ。
ちょっと、
これは、
あたしだって、
がんばらなくちゃ。
展示のことで悩んでいる場合じゃないな~

音楽でも芝居でも、ライブはいいなあ。
人が、確かに命を使ってる瞬間を、目撃できる。
あの最高の輝き。
人は、発光する。
「私自身が光りなのだ」という言葉は、本当のことだと思う。


小島はこのあと、もう少し何本か舞台の仕事が続くらしいけど、
落ち着いたらまた、ゆっくり一緒に、ご飯でも食べに行きたい。
蜷川さんと仕事してみてどうだったか、
ダイレクトな感想も聞きたいな。

彼女のことで忘れられないことがある。
まだ知り合ったばかりの頃、
初めてうちへ夕食を招待した時のこと。
当時同じマンションの上と下に住んでいたんだけど、
彼女は花束を抱えて「お招きありがとう」と現れた。
なんか、
そういう心って。
尊い。
ちょっととなりの部屋へ行くようなもんなのに、花束とは...
ずっと年下の友達だけど、私にとっては人生の先輩のような小島。
大切にしたい。いつまでも。
いろんなことを教わって、
私も頑張っていきたい。





☆和歌山の個展まであと61日







Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる