FC2ブログ

Entries

明けない夜

むかし世界が「そんなふうにできている」とは
まだ誰も知らなかったころ。

人々は夜が来るたび、怖かっただろうな。
またあの明るい光にあふれた世界がやってくるのだろうか、と。

不安だったにちがいない。

でももう今は、
どんな国のどんな人でも知っている。
夜になってあたりが暗くなってしまっても、
安心して眠ることができる。

この闇は、永遠のものではない。

朝がくることを、知っている。 
誰も信じて疑わない。


人生もまた同じこと。


明けない夜など。   
ありはしないのだ。

それを知っている者は、
どんな局面に接しても、
けして恐れはしない。

ただ、そこを
通過しているにすぎないことなのだから。





世界は「そんなふうにできている」のだ。





我々の乗った舟は、
あまりに小さく、
ろくな設備もついていないので、
大海の真ん中に威勢よく漕ぎ出したはいいが、
いきなり大嵐に遭遇、
今はまるで沈没寸前のような状態。

船長が、パニック。....(笑)

しかし乗り組み員はチカラを合わせて、誰も諦めてはいない。



あれ?
救助隊がやってきました....
船体には「ストロベリーエンジェルズ」と書いてあります。

船長の仲間であります!!!

よく見れば、
乗り組み員は全員、
「和歌山エンジェルズ」というハッピを着ています...(笑)



ちっちゃいけど。
たしかな「世界」ができている.......
まあ。いつのまに。^^



ゆこう!と言ったのは船長。
はい!と答えたのは私。
気がつけば、くるりとまわりを囲む、頼もしい仲間たち。






思い出したことがあります。

去年、ニューヨークで、
ある全盲の占い師にみてもらった時のこと。

「あなたのまわりにたくさんの女性が見えます。
 とてもたくさん、見えます。
 あなたはその人達と、何か大きな仕事を成し遂げます。
 それは素晴らしいエネルギーを生み出します。
 そのまま、いってください」

そう言われたんだった。
目がまったく見えないのに、
何度も「見えます」という言葉を使うのが
とても印象的だった。
この人は、心の目を持つ人なんだろうと思った。
が、
その時はなんのこと言われてるのかさっぱりわからなかった。
でもあれは、ひょっとして。




            今のことか?





まさか和歌山で自分が個展をするとは
思いもしなかった。
でも今、
あるひとりの人の思いから、
それが実現しようとしている。
たったひとりの思いから、
大きな何かが生まれようとしている。

私は、その、
「最初はたったひとりから」始まったというところに、
もっとも尊い何かを感じる。




和歌山の個展まで。 あと70日。






※ミクシィに参加してらっしゃる方、
 「なつのいちご」コミュ、2/14リニューアルしました。
  たくさんの方々の御参加、応援、お待ちしております。





Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる