fc2ブログ

Entries

戻りました

ただいまちゃん。
帰ったら、師匠はいなかった。
しばらくハワイロケ。
豪華船旅の取材だそう。
楽しそうだな。



机の上に、ぽつん、と。
「御会葬御礼」のハガキが置いてあって。

しばらくじっとみる。



四国、最初の晩、
東京からメールが届いた。

シズカチャン サッキ ナクナッタソウデス

そうか、
死んだのか、と思いつつ、
私はそのまま旅を続けた。
だから、
お通夜にも告別式にも行けなかった。
師匠がひとりで行ってくれたらしい。



羽田に戻ってきて上空から東京の夜景を見た時、
モノレールで浜松町まで来てタクシーに乗り東京タワー見た時、
昭和通りを走って家へ向かう時、
いつもと変わらない風景だなあと思った。
と同時に、
もうまったくなにもかもが違って見えるなあ
とも思った。

もう、彼女はいないんだな。

この風景の中から、消えたんだ、確実に。



私は生きて、
このまま進もうと思う。



愛媛の旅は、それはそれは素晴らしかったです。
毎日、奇蹟のように綺麗な夕陽を見ました。
女神のいる島はとても素敵で、
今度は夏に泳ぎに行きたいと思います。
しばらく会わない間に彼女はパワーアップしていました。
私は自分がちっぽけに見えたよ。
こんな時こそ、チャンス!

さてエッセイ、どんな言葉が飛び出すか。
なにか、大切なことが書けそうな予感です.... 





Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる