fc2ブログ

Entries

苺狩りデビュー(たびのおはなし3)

愛知に住む師匠のおねぇちゃんの企画で
みんなで苺狩りをしようということになった。
場所は静岡なので、
私と師匠は東京に帰る途中、高速のサービスエリアでおねぇちゃんと合流。
実は、はじめて。苺狩り。
旅の間、ずっと晴れで暖かかったけど、この日は雨で寒かった。
私の心も寒かった。
すっかり盛り下がる。
師匠に
山小屋計画はやめたい
と密かに打ち明けたら、口をあんぐり開けたまま
信じられん
という顔をされた。
ああ(泣)無理もない。 
もういろんな人にお世話になりますと言ってしまったのに。
やめたい理由は、「怖い」という、たったそれだけなのだ。

暗い心のまま、苺狩りの場所に到着。
真ん前は、海。
へえ、海の前で苺は育つのかあ、と驚く。
ざると練乳を手渡されて、いざ開始。

1210-1.jpg

一個食べてびっくり。

うっまぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいっ

なんじゃこりゃ?

1210-2.jpg

そっか。「採れたて」ってやつか! 
こんな苺、食べたことないっていうくらい美味しい。

しばし山小屋のことは忘れて、ひたすら没頭。
と、
間違えて、すっごく小さな青白い苺を摘んじゃった。
あぁぁーごめんなさい
と思って、いったんは土の上に置いたけど、
摘んだ責任を感じて、ぱくっと食べてみたら。

1210-3.jpg

すごく美味しかった。 私好み。

そういえば、
バナナでもトマトでも桃でも柿でも林檎でも。
私はなんでも青くて固いのが好きなんだった。
赤く、甘く、熟しているのは嫌いなんだった。

それからというもの、私はピンクの苺(熟す手前のもの)ばかりを食べた。
それを見たみんなは最初「え~っ?」と驚いていたけど、
試してみたら「なるほど」という感じで、みんなもピンク苺を食べていた。

1210-4.jpg

はじめてもらう、最大の苺パワー。 採れたてパワー。 土のパワー。
年の初めにこれは....。
深い意味を感じずにはいられない。
宇宙からのエールか。
だって私の名前は、いちご。

今年は特別な予感がする。

1210-5.jpg




静岡をあとにする頃、また心に戻ってきた、山小屋。
どうしよう。

どうしようか。

だけど怖さがなくならない限り、無理に動いたってうまくいかない。
天使に祈ると、また驚くような解決策でも教えてくれるんだろうか。

首をかしげたまま、帰京。

汚い空気。

それでも大切な、私の暮らす場所。  また始まる、いつもの日常。
ただ、
あたまのなかには、山小屋。
あの、鬱蒼とした、
目には見えない世界の、息遣い。

もう戻れない。

見てしまったあとでは。

どうしようか。

こんなことになるとはまさか、思わなかった。


助けて、と叫ぶしか、  もう。







Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる