fc2ブログ

Entries

甘さについて

たとえば。
ひとつ悪いところがあって。
こちらがそれを伝えた時には、
「ごめんね」とまずはひとことだけ言えばいいものを。
真摯な気持ちで謝ることができずに、
あなただってこことこことここがとても悪いよ、
と言い返してくることほど格好わるいことはない。
だって今はその話をしていない。
するりと巧みに話題をすり替えて、相手をやり込めようとするなんて。

おまけに指摘されたことを逆恨みに思い、
「もう君とは距離をおきたいんだ。これでピリオドを」
なぁんて自分から言ったくせに、
その翌日にはまた脅迫文みたいなメール....

びっくりあきれる。

さよならと言ったなら二度と目の前に現れるな、と思う。

私は自分で「もうこの人からは離れよう」といったん決めたら
どんなことがあっても絶対会わない。 連絡もしない。
即刻アドレス帳からも削除する。

覚悟を決めるとは、そういうこと。
覚悟が決まらないうちは、
簡単に離れるだの切れるだの、言うべきではないと思う。

なんというか、なにをするにも、
あの甘えっぷり、覚悟の無さっぷりが、一番嫌いだった。

それは、私のなかにもあったものだから。
よくわかる。

私はそれを、とことん、徹底的に、殺してきたのだ。
自分のなかの、甘え腐った、あの部分...
繰り返し、消し去る努力をしてきたのだ。
そうしなければ、写真を撮ることはできなかったし、
なによりも
行きたいあの場所へ到達することはできないのだから。

絶対に許してはならない。

甘えだけは。 
それだけは。



あの人は、「あの部分」で嘘をついた。
私にではなく、
自分に。

それは人生の致命傷になるだろう。

やってしまったものは二度と消えない。

宇宙は徹底的に公平で、けして甘くは、ないのだ。





Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる