FC2ブログ

Entries

次のステージ

新しい先生、はじめてのアトリエ。
楽しすぎ!でした。

1191-1.jpg

夏の個展のあと、旅が続き、
理由あって前のアトリエには足が向かなくなり、
ずっと粘土を触っていませんでしたが、
久しぶりに粘土を触って、自分の手が喜ぶのがわかりました。
この、わくわく感...
ああ、やっぱり好きだなあと実感。
今回は、いきなり人型を創ります。
来年春の個展までに間に合えば、会場に飾ろうかと思います。

例のごとく、人形の顔は、自分勝手に生まれています。(笑)

新しい先生は、非常に面白く、
どこでこの人について行くと決めたかというと、
「はげちょろぴん」という、
私がこれまで一度も聞いたことがない日本語を使ったところで。

「この人形の洋服ね、ちょっと色が濃かったから、
 漂白剤で、はげちょろぴんに仕上げてみたのよ」

ピン!ときました。(笑)
次の瞬間「先生!お願いします!弟子にしてください」と
頭を下げていた私...

昨日、アトリエでも大発見。
窓の外を見ながら
「あそこの木、切られちゃったのよ...
 毎日あそこにとまるカラスとお話するのを楽しみにしていたのに...」
と、とても悲しそうに言った先生。

カラスと話ができるのかっ!
と、またもや私の心は騒いだのでした!(笑)

素晴らしいスピリットの持ち主です。

私は、この世にいる
「自分がそうだとは気づかずに」生きている魔女や天使が大好きです。
そういう人達からこそ、学ぶことが多いと思うので。

次回のアトリエで、
いったいカラスと「なにを」話しているのか、
先生に尋ねてみようと思います!




ところで。
ルーシーのアクセサリー。 
届いた方々から、ぞくぞくメールがきています。
みんなとても嬉しそうで、私も幸せです!
メールの文面から、それぞれの活性が上がっているのを感じます。
ルーシー効果で、もうすでに、幸運の扉が開き始めたのでしょう。

残すところ、あと一個となりました。
これ、今回は売れないままなんだろうか?

1191-2.jpg

じっと見る。

ふたり(?)で笑ってるカエル。ハートを抱えて。
カエルはアミュレット(お守り)の材料として
古くから使われているモチーフです。
ルーシーは、カエルを使って
繰り返したくさんのものを制作しています。

このまま連絡が来ないようなら、私がもうしばらく持っていよう。

石は、あとみっつ、残っています。

残りものには福がある......(笑)
さてさて、最後に連絡してくるのはいったい誰でしょう? ^_^

1191-3.jpg





☆石とアクセサリー、まだ少し残っています。
 ピンときた方、メールください。
 (詳細は12/6のエッセイを!)






Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる