FC2ブログ

Entries

進む、なにか

個展や旅がしばらく続き、ずっとお休みしていましたが
来月から人形制作を再開します。

先生が変わり、新しいアトリエへ。

デスノートという、今公開中の映画のなかで
先生の人形が使われているので、
あさって、劇場で観てこようと思っています。

今度はいきなり人型をつくります。
つくりかけの小さな魔女は、自力でしあげようと思います。



それから、
来年の4月の末に、和歌山で個展を開きます。
ミクシィで知り合ったアスパラさんのプロデュースです。
またまたトークショーもやろうと思っています!

1月には会場視察に和歌山まで行く予定。
和歌山はじっくりまわったことがないので、
アスパラさんの案内のもと、高野山へも足をのばそうと計画中。

協力してくださるスタッフの方々との会食会もあるそう。

うー
たのしみー




ゆうべ、
北海道のお土産を渡しがてら、
まきちゃんと食事をしました。
まきちゃんは、

いちごちゃんはこどもなのよ
私は一緒にニューヨークを旅した時に
はっきりそれを「見た」の
こどものままでいられるということは
すごい才能だわ
何も恐れることなく
誰になんと言われようと
そのまま突き進みなさい
邪魔するものはみんな振り切って
あなたは誰とも「同じ」じゃなくていいのよ

と私に言いました。
こんなことを、まっすぐ目を見て言ってくれる人...
彼女のような人が私の友達であることを、誇りに思います。


私はこれからも、

私だけの言葉を使ってエッセイを書き続けてゆこうと思います。

私だけの心の目で、シャッターをきり続けてゆこうと思います。

届かぬ人のことは考えまい。
なぜなら、それはその人の都合なのだから。
私には関係ない。

届く人だけに、
見える人だけに、
待っていてくれる人だけに、

とびきりの魔法を。



本をつくりたいという願いも胸に抱き続けています。
まもなく手が届く、という場所までやってきました。

私は今とてもわくわくしています!^^







終わる、なにか。

始まる、なにか。


ここから何かを持ってゆこうとする者は
ここから立ち去ることはできない


必要ならばすべて捨て去れ。 

そうすれば、進む、

なにか。






Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる