FC2ブログ

Entries

ここ最近の気づきについて

私は直感を信じる。
物事がうまくいかない時は、自分の直感を信じなかった時だけだ。
信じて進んで、間違った方向へ行った時など、ただの一度もない。
そのことだけが、私をどんどん強くしていく。強く、強く。
人生で「恐れる」ことが、ひとつづつ、確実に減っていく。


今年の夏頃、私の心は乱れていた。
だからその隙にいろんなものが入り込みやすかった。
けれど、運命の流れは面白い。
それが悪いことばかりを引き起こしたわけでもなかったのだ。
人生、たまにはよそ見をすることも大切なんだということを痛感した。
天の計らいはいつだって完璧だ。
心が乱れなければ、ニューヨーク行きを決意することもなかっただろう。
そして、
あの離陸する時...
一気にバッサリ何かが断ち切られた、あの時。
それがなんだったかすぐにはわからなかったけれど、
帰国してしばらくしてから、徐々に明らかになってきた。
まったくの予想外ということはなく、どれもこれも自分の望んだ結果がやってきた。
今、それを実感しているところ。
私がやったことといえば、自分の直感に従って動き続けたということだけ。
たったそれだけのことで、なにもかもが、思い通りになってゆく。

衝撃というのは、痛みを伴うことが多いけれど、
そんなものは一時的なものに過ぎない。
一気に飛び込んでしまえば、結局そのぶん早く楽になれる。
いつまでも目を逸らしながら先延ばしにしていると、今に大変なことになる。
何も始まらずに人生が終わってしまう。



あと数時間後に、私はまた飛行機に乗る。 北海道へ行くために。
現地でお世話になる方から、もう知床峠は雪のため閉鎖になったとメールがきた。
来年の5月まで、閉ざされた世界になる。
神の子池にまた行きたいと思うけど、どうだろうか。
あそこも、12月になると閉鎖されてしまうらしい。
今なら、まだなんとか、ギリギリ間に合うだろうか。
行ってみなければわからない。天候によるだろうな。
一度大雪でも降ってしまえば、だめかもしれないな。
とにかく希望を持って進んでみよう。
そう。
どんな時でも希望は大切。
希望は、
執着や利己的な願望とは違う。力んだ願いとも違う。
闇の中に光る、きらりとしたあの一点。
孤独を恐れない者だけに、見えるもの。

孤独を恐れないとは、どういうことか。

それは本当の意味で、

自分がたったひとりになることなど、けしてないのだと知ることだ。

宇宙のあらゆるものとの繋がりを、信じることだ。

繋がるということ....  それこそが、  直感だ。





1177.jpg

夜が明けてきました。 
気持ちのいい朝です。
そろそろ出発の準備をします。では、みなさん、

行ってきます!







Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる