fc2ブログ

Entries

宇宙の絆

たとえ一瞬傷つけあっても、
真実を語ることがたいせつ。

なるべく、傷つけない。 ぶつからない。 平和的に過ごす。

これが普通だとしたら、

どんな衝突の前にも怯まない覚悟を保てる関係のなかにこそ、
真の絆は生まれるのだと思う。

深く入っていくって。
相手が誰でもいいってわけじゃないんだよ。
それをできる人にはなかなか巡り会わない。





昨日は、えすみくんちに遊びに行った。
えすみくんは、朝なんだかふらふらしていたらしいけど、
夕方会った時にはもう元気になっていて、いつものえすみくんだった。

えすみくんは音楽家なので彼の部屋は音響機材の山。
レコーディングスタジオのようなことになっている。
いつも気持ちのいい音楽が流れていて、好きな空間。
趣味の自転車(何十万もするやつー!)もいっぱい部屋のなかに置いてある。

お腹が空いたので、卵を茹でておやつに食べることに。
「卵って水から入れていいんだっけ?」と聞かれて、
「水から入れて火をつけて、きっちり13分!」と答える私。
あのね、みなさん。
ゆで卵はこれに限るから。 すっごく美味しいよ。 お試しあれ!

卵をもぐもぐ食べたあと、
10年ほど前に私が描いたイラスト作品を観てもらった。
それから、子供の頃からの写真を見せた、私の。
えすみくんは、時折のけぞりながらとても驚いていた。
私の過去の写真を見て、驚嘆しない人はいない。
自分でも驚くんだから。
私はその時々で、まったく違う人間になる。 顔も姿も。
きっと精神的には何度も死んでるんだと思う。 死ぬって、悪い意味じゃなく。
メタモルフォーゼのようなもの。
真面目に、毛虫と蝶くらいの見た目の変化があるよ、私という人間。
いつか世間に発表したいくらいだ。 ぶははは(爆)


そのあとも、これは討論会か?というくらい、
ものすごいいろんなことを話しあった。
私はどんどん自分の心が軽くなっていくのがわかり、とうとう
すべてのことが「完全に伝わったな」という瞬間があって、
あれは気持ち良かった。
いまだ!と感じてシャッターをきる瞬間と似ていた。

人間関係は
勝手に自然に出来上がっていくものだとばかり思っていたけど。
まあ、もちろんそういう関係もたくさんあるけれど。
これ、と意識的に決めた関係は、
「つくって」いくものなんだなと実感した。


夜遅くまたお腹が空いちゃって、
えすみくんが「鳥五目飯」をつくってくれた。 
機材に囲まれた部屋の床にぺたんと座って、ふたりで食べた。
おかずがひとつしかない感じとか(笑)、
食事だからといって、テーブルにつかない感じとか、
食べてる時間も変だとか、
そういうことひとつひとつの、すべてのことが気に入って
私はとても幸せだった。

なんの決まりもない、あの自由な感じ。




えすみくんとはいつか、一緒に仕事をしたいと思う。











Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる