FC2ブログ

Entries

勇気をくれるコトバたち

(一度目のメール)
はじめまして。
書店で夏野さんのご本と出会って以来、ずっと夏野さんのファンです。
初めて夏野さんのご本を読んだ時、その時私が知りたかったことが、
“全部書いてある!”って衝撃を受けました。
今でも忘れません。
夏野さんのブログを読むようになってからは、驚きと発見がますます大きくなって、
1日を生きることがこんなに楽しいことだったんだ!、って実感しています。
夏野さんの言葉のひとつひとつや、写真をじいっと見つめて心の中に映してゆくと、
まるでだんだん自分の中にグリモアが完成してゆくみたいです。
ずっと迷っていたけれど、そんな夏野さんが作られたカレンダーだと思ったら、
どうしても欲しくてたまらなくなりました。
まだ間に合うかどうか分かりませんが…、宜しくお願い致します。

(二度目のメール)
夏野さんに申し込みのメールを送信した後、“ほんとに送っちゃった…!!”って
すごくワクワクしました。
その後すぐにエンジェルナンバー7777を見かけて、
大正解!って天使に言ってもらった気がしました。
夏野さんから返信が来た時も“ほんとに来たあ…!!”とどきどきしてしまって、
その時友人といたのですが私は嬉しくてもう半分意識がありませんでした。
私のあんな拙い文章を夏野さんが読んで下さったことも、
カレンダーを無事に申し込むことが出来たのも、みんな嘘みたいで夢みたいです。
嬉しくてぼうっとしていたのですが、
夏野さんのすごいカレンダーを受け取れるなら
それに見合うだけの人間にならなくちゃとピシッとした気持ちになりました。
私は、もう自分の心が枯れてしまったと思っていたのですが、
夏野さんのご本やブログに出会って、“気がつかない?”と問いかけれた気がしました。
それで後ろをおそるおそる振り返ったら、
これまで通り過ぎていた風景たちが一斉にきらきら光りはじめたように思いました。
本当にありがとうございます。
つよくなれるように頑張ってゆきます。


ーーーーー

“全部書いてある!”
って。これすごいことだよね。
ぜんぶ、かぁ。
そっかー。
でもまだまだまだまだまだまだ!書きたいこと伝えたいこと、
たぁっくさん!あるからね!
どうかこれからも夏野苺をよろしくお願いいたします。^^
それから、
「嬉しくてもう半分意識がありませんでした。」
って。これまたすごいことだよね?笑
読んだ瞬間、わー☆って思った!
すごいよすごい。

これは勇気をもらった!

どうもありがとう。






こんなふうに、たしかに、届いてゆく。

ゆっくり。

だけど、

しっかり。

あの曲のイントロのように。

あのとき、

願ったように。





Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる