FC2ブログ

Entries

2011.10.12 満月 小さな魔法の本 予約開始

「天使と写真とおまじないの力。」という件名のメールが届きました。
近頃、「毎日1分!朝のおまじない」や「魔法使いの弟子」の読者から
よくこのような内容のメールをいただくことが多くなってきました。
天使の働きを実感し、おまじないのチカラを使えるようになってる人が
増えてきているような気がします。
それは、そのまま私の希望でもあるので、とても嬉しいです。

☆☆☆

苺さん、
いつもツィッターと苺メールを楽しみにしています。
私事ですが、昨夜祖母が亡くなりました。
遺影に使う写真は、
表彰式の時に撮った晴れ着の写真にしようと母と相談して、
でもなかなか見つからないので心の中で
苺さんに教えていただいたとおりチャミュエルを呼びました。
すると、「これだ!」と思うアルバムを見つけたのですが、
中にあったのは、私たちが今まで見たことがなかった
戦死した祖父と若い頃の祖母を写した写真でした。
探していた表彰式の写真よりもずっと、
祖母にとって大事な思い出の写真だったのです。
でもさすがに遺影には使えないので、
式場で流すスライドショーのひとつにしてもらうことにしました。
探していた写真よりも控えめではあったけど、
遺影に使える写真もありました。
天使と写真とおまじないの力をつくづく思い知らされました。
本当に見つけなければいけないものしか天使は見つけないし、
本当に写さなければいけないものを写した写真には
ちゃんとおまじないがかかっているんだ。すごいです。
どうしても苺さんにお伝えしたくてメールいたしました。
苺さん、
大天使チャミュエルを紹介して下さってありがとうございます。
お祖母ちゃんと私たちは
チャミュエルのおかげで宝物の写真を発見することが出来ました。

☆☆☆

どうもありがとう。
こんな人がもっともっと世の中にいっぱい増えたらいいなと思います。

先日小栗旬くんのファンの方からもこんなメールをいただいたばかり。

「『髑髏城の七人』いかがでしたか?
 今日、観劇されたんですよね?
 ツイッターで苺さんも行かれると知り、
 同じ日だったらいいなぁと思っていたのですが
 残念ながら、私の行く日とは違ってました。 
 もし、同じ日なら、
 きっとフォアナの服を着てる人を探せばいいかと・・・
 勝手に苺さんを探せゲームをするつもりだったんですけど(笑)
 残念^^; 私は10日に行くのです
 実は、大阪で舞台を観て、どうしてももう一回観たくて
 ずっと天使にお願いしてました
 自分でできる準備はして、朗報を待っていたら願いが通じて
 東京に行けることになりました^^
 こんなこと、初めてです。
 苺さんにいろいろ教えていただく前の私なら
 「東京になんて無理」って、まず、諦めていたと思います。
 でも、苺さんの教えを守って行動したら
 ちゃんと天使に願いを聞いてもらえた!
 これ、すごいことですよね
 もう、この先、やりたいと思ったことを
 なにも諦めなくていいんだなーって そう思います。
 天使にお願いする方法を教えてくださってありがとうございます
 今回は上手く使えたような気がしました」

☆☆☆


もうこの先やりたいと思ったことをなにも諦めなくていいんだなーっ

って言葉がすごく素敵だなと思います。
そうだよ。その通りだよ。それが世界の真実なんだよ。
私がみんなに伝えたい一番のことはこのことだと思います。

昨日の仕事、いろいろ諸事情が厳しい中での撮影でした。
私を含め、もし誰かがちょっとでも諦めたりしたら絶対うまくいかなかった。
祈って、願って、
自分たちそれぞれにできること全部やって、当日を迎えて。
だからシューティング後、素晴らしい写真が生まれたのを観て、
みんなが自然に「ありがとう」と言っていた。
もう最後は誰が誰にとかわからなくなるくらいに。
「ありがとう」って言い合った。

(昨日私が「ありがとうを一番言えるのは写真家」って書いたのは、
 フィルム一本撮り切るまでに36回ありがとうを言い続けられるから
 とか、たとえばそんな理由から。
 一回の仕事で10本撮ったら撮影中何回ありがとう言うの?という発想)

全部自分ひとりのチカラでなんとかしようとするんじゃなくて、
宇宙の大きなチカラにいつも導かれていることを実感できるようになると、
魔法もおまじないも自由に使えるようになって、
天使の声も聴こえるようになって、
そこから「ありがとう」の心が生まれてくるんじゃないかなって、
私は思っているのです。

さて。
今日は満月ですね。お昼前に満月ポイント迎えました。
今夜お月見はできるかな?
以前お伝えした通り「魔法使いの弟子」の予約を本日より受付いたします。
今回は、すでに今朝から申し込みメールが届き始めていて、
私は嬉しくびっくりちゅう。笑。
読者の熱気を感じています!
そんなにも楽しみにしていてくださる方がいるって、
もうそれだけでワタシ勇気100倍☆です。
ありがとう。

今回は、西日本の旅、ドイツの旅で手に入れたお土産を、
申し込みいただいた方の中から抽選で10名様にプレゼントいたします。
当選者の皆さんへ本と一緒にお送りいたしますね。
お楽しみに!



☆☆☆☆☆☆☆

魔法使いの弟子vol.11(価格 3,500円+手数料、送料500円)
表紙の写真は、霧の中のブロッケン山頂駅のホーム。
内容は「天使と旅する方法(書き下ろし)」です。vol11.jpg


魔法使いの弟子vol.12(価格 3,500円+手数料、送料500円)
表紙の写真は、ベルリン大聖堂内の主祭壇の上に飛んでいる天使。
内容は
「天使の囁き」(天使の声を聴く方法)
「ルーンの声」(ルーン占いのお話)
「ペンジュラム」(ダウジングの詳しい方法について)です。
vol12.jpg


CDサイズの、小さな小さな、本です。

~お申し込み方法~
住所 氏名 連絡先 注文部数を明記のうえ、
info@ichigo-natsuno.comまで、
メールにてお申し込みください。

こちらから申し込み確認の返信を差し上げた時点で、
予約確定となります。
(メールの事故なども想定し、
 申し込みから三日経ってもこちらからの返信が届かない場合は、
 大変お手数ですが再度御連絡いただけますようお願い申し上げます)

二冊同時にお申し込みの方、
手数料、送料は500円(1冊分だけ)になります。

発送は、
10月末までに皆様のお手元に届くよう予定しています。

たくさんの方々からのお申し込みを
心よりお待ち申し上げております。

(『魔法使いの弟子』の販売は一般書店での取り扱いはありません。
  夏野苺オフィシャルサイトでのネット販売のみとなります)


☆☆☆☆☆☆☆





Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる