FC2ブログ

Entries

苺バザール プレゼント当選者からのメール

苺さんからの魔法のバトンが
本日私のうちにも届きました!

“バレリーナの休日”という空気の
すっごく可愛いキュロット&レギンスと、
好きにならずにはいられないテディ猫ちゃん。

素敵素敵。そしていい匂い。苺さんの匂い。
パッケージも可愛い。伝票まで大事。
どうしよう嬉しい、嬉しいどうしよう、
と舞いあがっていたら、なにやらキラリともう一個…。
うそ…。大天使ミカエル?

苺さん。
魔法のバトンの中には、
大天使ミカエルのコインも入っていました。
夢みたい。ほんと夢みたいです。
びっくりしすぎて開けたドアをパタンと閉めてから、
またこっそり開けて覗いてみる、みたいな気持ちです。
生きていると、こんなこともあるんだなー。

ニューヨークの聖パトリック教会に
残り二つきりしかなかったミカエルのコインを
苺さんが購入して、大切なお揃いの片方がいま
私の胸元でキラキラ光っているなんて。
胸がいっぱいになって、夜ひとりで車を運転しながら
ベーベー泣いてしまいました。すごすぎて。

バレリーナ服もテディ猫ちゃんもミカエルも
うんとうんと大切にしますね。本当にこころからありがとう。
何度もありがとう。


--------


ほほほ~(笑)
すごい喜びようだな~。よかった~。私も嬉しい。

「生きていると、こんなこともあるんだなー。」

そうだよ。こんなこともあるんだよ。
悲しい、辛いこともあるかもしれないけれど。
こんなこともあるんだよ!
「ベーベー泣いてしまいました。すごすぎて。」
っていうようなことがね!


品物の行き先が全て決まって、
ひとり抽選会を行いました。

びかー!っと部屋を奇麗に整えて。
ミカエルのコインを左手に持ち、
バザール購入者の名前を書いた紙切れを右手に。
目を閉じて。

コインを持ったまま紙切れを引きました。

大天使ミカエル
このコインが届くべき人を選んでください

と唱えながら。

おめでとうございます!
泣くほど喜んでくれて。よかったです。
このコインを購入した時、
聖パトリック教会では結婚式が行われていました。
素晴らしい祝福の光りが溢れる中で、
私はこの金貨を買ったのです。
残り、ふたつを。

ひとつは自分に。

もうひとつは、誰か必要な人のためにと。

その人は今ここに来ることができないけれど、
私がその代わりに買っている、というような感覚で。

天使の導きで。



(バザールの感想、続々届いています。次回エッセイで紹介しますね)



Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる