FC2ブログ

Entries

エアロン

役者は凄いな、と思う。

最初は、

台本の中に、文字として存在する、エアロン。

その文字を、役者が、

繰り返し、繰り返し、 読む。

読んでいたはずのものは、やがて、真実の言葉となり、

役者自身の言葉となり、

とうとう、この世に、本当に、エアロンが、生まれる。



シャッターをきったのは、 エアロン、 彼がそこにいたから。






今回の私の仕事は、「エアロンを撮りに行く」ということでした。
俳優 小栗旬を撮っていくなか、一瞬ファインダーのなかにエアロンをみつけた時、
「きたっ!」と思いました。
舞台の上ではもちろんだけど、舞台を降りている時にそれを見せてくれた小栗旬に、
心から、感謝と敬意を表します。

神経質に考え込み、落ち込む私を見て、
さらに不安になったかもしれないのに、とうとう最後までそっとしておいてくれた、
全スタッフにも、この場を借りてお礼を申し上げたい。

皆さんに、深く感謝いたします。



こうして私は、いつだって、
たくさんの力に支えられながら、
ようやく自分の欲しいものを手に入れることができる。 

私ひとりの力では、

なんにもできやしない。









Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる