fc2ブログ

Entries

ダイアログ‧イン‧ザ‧ダークTOKYO

通称「暗闇ツアー」に行ってきたよ。
なっちが教えてくれたんだ。

真っ暗な中をね、杖を頼りに進んでいくんだ。

光りは一切無く、
目を開けていても何も見えない。

ガイドは盲目の女性。

暗闇では彼女の方がいろいろ知っている。
そこは彼女の世界だから。
私達健常者は、
見えない、というだけでなんと頼りないことか。

最初は、何かが身体に触れるたびにいちいちビクビクして
怖かったよ。腰なんか引けちゃって。
でもだんだん慣れてきて。
ある瞬間から「見える」ようになった。
これはウィッチクラフトの「視覚化」という訓練法と同じだ。

見えないものを見るということ。

感じるものを、心の中で「見る」ということ。

真っ暗闇の中で、小川の水にも触れて、テントにも入って、ブランコにも乗って、
カフェにも入ったよ!
意味わかる?これ、全部見えないの。ホントに。何もかもが闇の中なの。
みーんな手探りで進んでいくんだよ。

ものすごい集中力。 普段使わない脳を使ってる感覚。

そして最後にみつける、闇の中の、光りの点滅。
私は泣きそうになった。
これはいつもみるもの。心の中で。瞑想の中で。



現代人、どれほどの人達が「完全なる闇」を経験しているだろうか。

生まれてから一度も闇を経験してない子供ってたくさんいるだろう。

あなたはどうですか?

興味があれば、ぜひ。
    ↓
http://www.dialoginthedark.com/index.html





Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる