fc2ブログ

Entries

更新

人は毎日、毎瞬、変わっていくものだと思っている。
よくもわるくも。
様々な日常の影響を受けながら。

よく知っている人が向こうから歩いてきたとしても、
私は自分が知ってるままでやってきたとは思わない。
どんな小さな変化も知覚できる。
以前会った時と、
全く何も変わらないなんてあり得ないと思っている。

素敵だと思っていた人が、
なんだか霞んで見え始めた時は寂しく残念に思うけれど、
へんてこりんだと思ってた人が、
キラキラ輝き始めたのを発見すると心躍る。

これまでずっと私は、
自分は考えることのできない(もしくは苦手な)人間だと思い込んでいた。
考えるってどういうことなのかちっとも理解できなかったし、
自分の感覚の中のいったいどれが「考える」ということに当たるのか、
さっぱりわからなかったから。
それが、
突然わかってしまった。
もしこれが「考える」ってことだとしたら、
私はずっと考えてる人だと思う。
絶え間なく。
今までは感情と思考を別々に捉えていたけれど、
それは実はセットなのだと気づいてしまったのです........。
私達は常に自分で考えたことを自分で感じている。
たぶんこれまで「考えるな、感じろ」と言い続けてきた「考える」は
浅い部分の話だったように思う。
(考えというよりは無駄に思い悩むことを指していってたような)
深い場所で私達は途切れることなく考えている。考え、感じている。
もし自分が感じていることが苦しかったら、考えを変えるしかない。
自分を更新するしか、方法はないだろう。


ある人が「僕はあの時純粋だった」という言葉を使った。
ああ、ほんとうに...... と思った。
あの時あの人は、とても純粋だった。
だからきっと、天使が微笑んだのだ。
天使は優しく厳しい。
あの純粋な光りにアクセスするには、
自分の純度を高めなければならない。
振動数を上げ、
周波数を合わせ、
繋がらなければ、
通じはしない。

願いが叶うか否かは、どれだけ純粋でいられるかにかかっている。

世界はそういうふうに、できている。



あの人は、また少し
変わったように思う。

とても、いいふうに。






Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる