FC2ブログ

Entries

運命の出逢い

私、一瞬で苺さんの心と魂を感じました
真二さんを一瞬で好きになったのと同じ感覚です
人生のうちで数回あるか無いかって感じです


強い言葉だなと思います。
真摯に受け止めさせていただきました。
ありがとうございます。
この人と私は、まだ出逢っていない..........と思いかけましたが。
いえ、もうエネルギー的には出逢っているんですね。
私の写真を見てくれたんだもの。
あれは私の魂が写ってるもの。
きっと、
とらえてくれたんだ、この人の魂が。
私達、身体より先に、魂と魂が、出逢ったんだね。
そういう出逢いもあるかもね。
身体が一番最後になる出逢い。
「運命」と言いきれるこの人はすごい。
きっと鋭い直感力の持ち主なんだろう。
お会いするのが楽しみ!
次回の真二さんのライブでお会いできるでしょうか。



私は今、直感力に関する本を読んでいて、
長年疑問に感じていたことが、
ぱーっと霧が晴れるように理解できてとても清々しい気持ち。
そうだったのかー! って感じ。
これでまたひとつ、自分のチカラを正しく使える気がしてる。
私は、
あまり知識が先に来ないタイプ。
いきなり体験がやってくる。
その時に疑問や違和感として残ったものは、
しばらくして必ず「答え」として私の人生にふたたび訪れる。
私のアトリエには「魔法棚」と名付けた本棚があって、
そこには長い時間かけてゆっくり集めた大切な書物が並んでる。
グリモアとか影の書と呼ばれる魔法本や、
食に関する本、天使の本、夢の本、精神世界の本など。
どれもこれも、実体験を裏付けるものとして私の前に現れた。
もし、これらの本との出逢いが、
体験の前に知識として私の人生に登場していたとしたら、
どうだっただろう?
もしかして、
読んだだけで、悟ったつもりになって、満足したかもしれない。
あるいは、
あまりにも難しくて、いろいろ頭で考えているうちに、
もうイヤになって、魔法の道を歩もうなんて思わなかったかも。

出逢いの順番って、意味があるんだな。 大事なことなんだな。

全てうまくいってるってことなんだろうな。



人の中に見えるってことは、
自分の中にあるってことだ。
もし相手の中に「それ、違うでしょ」という部分をみつけたら、
自分の内面の在庫調べをする。
同じものを発見したら、直ちに修復作業に入る。
私は最近、身近な人達に対して
不誠実な部分があったなと反省しているところ。
感謝の気持ちも足りなかったと思う。
みんなごめんね。
許してね。
いつもありがとう。
愛してます。
私はまたイチから頑張るよ。
何度だって、
頑張るよ。


さて、
そんな私がつくる最近の家ご飯。
こんなものを食べています。
2278-1.jpg 2278-2.jpg
ポリッジオート。(カラス麦)
前の晩に野菜ジュースや豆乳で浸しておいて柔らかくし、
火は通さずそのまま食べます。
その時ある果物を適当に細かく切って、混ぜて食べます。
朝の定番です。
これと、
特製豆乳ジュース(豆乳と青汁とフルーツジュースをシェイクしたもの)は
ほとんど毎朝摂ります。(たまにプルーンジュースやニンジンジュース)

最近のマイブームはサンドイッチ。
いろいろパンにはさんで食べます。(トマト、きゅうり、ツナ、ハムなど)
コーンスープも好きでよくつくります。
牛乳は使わず、豆乳でコーンクリームをのばします。
仕上げに塩と胡椒少々。(あれば、パセリなども)

私は師匠よりずっと早起きなので、
朝食はたいていひとりで食べます。
たまに師匠も早起きだと、ふたりで食べます。
2278-3.jpg 2278-4.jpg

なぜか甘いものが食べたい時は、
朝からケーキを食べることも!
(この日はチョコのフィナンシェとリンゴのロールケーキとバナナ)
2278-5.jpg

すごーくいっぱい食べたい時はこんな感じで。
(ハムサンドと、アボガドとトマトのスライス、イチゴとリンゴ。
 コーンスープと豆乳ジュース)
2278-6.jpg

元気がなくて、食欲も出ない朝は、
ジュースと果物だけ、とか。
2278-7.jpg


お昼は、仕事の合間にさっと食べれるものを。
最近のマイブームは、おいなりさん。
(私がつくるのはとても薄味)
2278-8.jpg

茹でたブロッコリーだけ、とかも。
マヨネーズを、ちょんちょんとつけながら。
2278-9.jpg


夜は早め。いつも六時頃にはお腹が空きます。
おかずを何品もつくることはあまりしません。(面倒なので 笑)
これは、豚肉の生姜焼き。(箸休めに昆布の佃煮)
サラダとかつくればいいんだろうけど、
タマネギとキャベツと、野菜もみんな一緒に炒めちゃった。
手抜き料理です。
あとは玄米ご飯と、じゃがいもとわかめのお味噌汁。
この日はぴょんきちもいたので、師匠と三人でご飯。
「ぴょん、おかずが一個しかないの、うち。貧乏ご飯でごめんね」
と言ったら「ビンボー言うな~!上等じゃんかー」と笑ってました。
でもさ~美味しかったんだよ~これ!
2278-10.jpg 2278-11.jpg


こうして見ると私のつくるご飯って、マンガみたいだ。
なんか、大人っぽくない。
どうして大人っぽくできないんだろう。
たぶん一生おもちゃみたいな食事しかつくれないような気がします。
旦那さん、ごめんなさい。(笑)



Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる