FC2ブログ

Entries

魔法使いの弟子vol.5 vol.6の感想

今日も読者メールをご紹介いたします。

ーーーーー


魔法使いの弟子最新版、これ最高でした!!
心にストンと落ちすぎです。
これは世の中の人達に、いつか必ず広がると思うし、世の中に必要な本です☆
大絶賛します!!
ワークショップで質問とかもしましたが、
本当は苺さんの本にはたくさんの私にとっての答みたいなもの、
必要とするものが書かれているのです。
次回のワークショップでは、
本を使って実践してきたこととか話せたらいいなと思います。



とても美しい本ですね。
いちごさんとおのせさんの思いが伝わってきます。
そしてまた、今この2冊を読めることに意味を感じます。
ネット上で一度は拝読しているので、読んでいくと
「懐かしい」と感じるのですが、
以前は「?」と思っていたところを
「ああ、そうかー。」と
感じ入ることができるようになっていたりして嬉しいです。
といっても、まだ「?」なところもあるのですが(汗)。



「魔法使いの弟子」が届きました。
ほんとに素敵です!!
おのせさん、すごい(^^)。
以前読んだお話も、また違って見え、
やっぱり「手に取っていつでも見ることのできる本」はいいなあ~と
改めて思いました。
ありがとうございました。



「魔法使いの弟子」が届きました!
エッセイにも書かれていましたが、
すばらしい出来ですね!
手にした瞬間のあの感じ・・ふわっと風が舞うようでした。
1ページ1ページ、とても凝っていて
内容とデザインが一致していて
どのページを開いても本当に素敵です。
5巻「天使の声はなぜ小さいか」の写真、
花に囲まれた苺さんの天使の笑顔、
これ大好きです!
「扉」ページの周りの枠もきれい!
「スピリット」の雨の森でしょうか、
これは小栗くんの映画「TAJOMARU」を思い出しました。
風景として似ているのかもしれません。
雨の後に見える太陽に希望を見ました。
6巻、劇場カーテンのような装丁に惹かれます。
「東西南北」の話、どこにいても怖いです・・
実体の見えないモノへの恐怖、
見えないのに確かにあるという恐怖、
でも北のほうがいいかも。
怖くても自分で確かめにいけるから。
見えない何かを待つのは怖いです。
これからゆっくり読ませていただきます。
何度もよんで先の本たちは傷んできましたが、
それもまた自分の本になっている感じがしてとても好きです。
苺さん、おのせさん、素敵な本をありがとうございました。
大切にします!


ーーーーー

皆さん、どうもありがとう!
まだ申し込みは受付中です。
たくさんの方からのお申し込み、お待ちしています!


☆☆☆☆☆

夏野苺の小さな本、ただいま発売中!


魔法使いの弟子vol.5 (価格 3,500円+手数料、送料500円)
vol5.jpg

全編、絵本のような「おはなし」の構成になっています。
小さな子供への読み聴かせから、
大人のためにもなるような、
「世界をつくる魔法」について書かれている本です。


魔法使いの弟子vol.6 (価格 3,500円+手数料、送料500円)
vol6.jpg

創作に関することや、
自分の日常を形作っていく方法などについて
書かれています。
最後に「怖い話」が載っています.........。


~お申し込み方法~
住所 氏名 連絡先 注文部数を明記のうえ、
info@ichigo-natsuno.comまで、
メールにてお申し込みください。

こちらから申し込み確認の返信を差し上げた時点で、
予約確定となります。
(メールの事故なども想定し、
 申し込みから三日経ってもこちらからの返信が届かない場合は、
 大変お手数ですが再度御連絡いただけますようお願い申し上げます)


二冊同時にお申し込みの方、
手数料、送料は500円(1冊分だけ)になります。

発送は、
3月中に皆様のお手元に届くよう予定しています。
(クロネコヤマトのメール便で発送いたします)

たくさんの方々からのお申し込みを
心よりお待ち申し上げております。


☆☆☆☆☆☆☆

追記)
今回の販売は一般書店での取り扱いはありません。
夏野苺オフィシャルサイトでのネット販売のみとなります。







Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる