FC2ブログ

Entries

名古屋七福神とライブ

ただいま。
楽しい時間を過ごしてきました。
ミラクルいっぱいの旅でした。
ひとつ、
ここは歯を食いしばらなきゃという場面があって、
意識の拡大に繋がりました。
そんな時、
私の心はキリキリと痛む。
でも大丈夫。
じっとうずくまり、静かにやり過ごす。
嵐がいってしまうまで。
目を閉じて。
唇噛んで。
全て過ぎ去ったあと、
私はまたちょっとだけ強くなっているのです。


今回、永島くんのライブの物販コーナーで売るために
ポストカードを作成しました。
ひとりで!
実はこれはすごいこと。
こういうこと、全然出来ない人なので。
(おのせちゃんに
 「苺さん、とうとうひとりでできるようになったんですね」と
 遠い目をされました........)
それでもたぶんものすごく効率悪くモタモタ作ってたと思う。
途中何度もインクが切れて、その度にきーっとなって替えながら。
結局出発当日、家を出る五分前まで作ってました。
バタバタと東京駅を目指す。
マネーズのゆきちゃんと打ち合わせだったのに、
ポストカードに時間がかかっちゃって、遅れちゃって、
すごく時間が短くなっちゃった。ごめんなさい。
ぱっと話して、新幹線乗り場へ急ぐ。

夕方からリハーサル。
パチパチたくさん撮った。

翌朝は、名古屋七福神巡り。
(神社ではなくて、全部お寺でした)
朝8:00にY子ちゃんがホテルまでお迎え。
雨、降ってます。
でもなんとなく七つの神様にご挨拶したら晴れる気がしてた。
で、Y子ちゃんにずっとそう言ってた私。

まずひとつめ。
福禄寿。
2258-1.jpg2258-2.jpg

ここには本殿に大きな不動明王像があった。
すごい迫力!瞳にダイヤモンドが埋め込まれているそうで、
ぎら~ん!と光ってた。
おおお~!っと、一気にテンションが上がる。
「東京の日本橋から来ました」と伝えたら、
お寺の奥様が「ではお抹茶を点てて差し上げましょう」と言って
いきなり奥の部屋へ通され、嬉しくびっくり。
なんだか名古屋の神様に歓迎されてる気がした。
2258-3.jpg

「今日は七福神全部回る予定です」と伝えたら、
奥様は目をまんまるに「え~?全部?ちょっとタイヘンですよ?」
と驚いていた。
ふふふ~
でも平気。きっと大丈夫って思ってた。

さて次は、寿老人。
ここは、境内に入ったとたん、
なぜかローマのサンタンジェロ城を思い出した。(大天使ミカエルの城)
とても静か。
古い木のお寺。
2258-4.jpg

みっつめは、恵比寿。
ここはとても賑やかで華やかだった。
ちょうど市が立つ日で、人がたくさんお参りに来ていた。
2258-5.jpg

これまで徒歩や電車での移動だったけれど、
ここから次まではタクシーを使わないと行けないとのこと。
Y子ちゃんは、うまくタクシーが捕まえられるかずっと心配してた。
ふふふ~(笑)
だめだよ~心配しちゃ~。 それ、やり方が違うよ~。
不思議なチカラを信じるってさ、
頭ではわかっててもね~、実際に使ってみなくちゃね!
これは実技訓練のいい機会だよと思って、
心の中でチャミュエルを呼ぶ。
タクシーは絶対くると思った。
Y子ちゃんに「天使に頼めば大丈夫だよ」と伝える。
でもまだ少し不安そう。
そうなの、だってここは、ちょっと辺鄙な場所。
大通りでさえあまり車が通ってない。

だ け ど !  ほらっ

みてごらんよ。 向こうから一台、タクシーがきたよ!
しかもなぜか私達の目の前でハザードをつけて止まったよ~!(笑)
(私は愉快な気分になって可笑しくってたまらないっ)
「なんで止まってんの?」とY子ちゃん。
「あたしたちを迎えにきたんだよ~」と私。
「え~っ?」と目をまんまるにしてる可愛らしいY子ちゃん!
「はい、どうぞ」と先にタクシーへ乗せてあげた。

よっつめは、弁財天。
2258-6.jpg

私はここが一番好きだった。
とても静かな、小さなお寺。
本堂の前にひっそりと梅の花が咲いていた。
階段に散っていた花びらを三枚拾ってお土産に。
本堂の中には素敵な絵があった。
弁天様と龍。
私は、この日初めて弁天様は水の神様だと知った。
(そのため水辺に祭られているらしい)
ああ、だから自分と縁があるのかあと思った。
私は水のスピリットなので。
それに私は辰年生まれだから、龍とも縁深い。
2258-7.jpg

今日の永島くんのライブが大成功しますようにと、
心からお祈りする。

タクシーの運転手さんに待ってもらってて、
そのまま、いつつめの大黒天へ。
2258-8.jpg

車から降りる時「おやつに」とお菓子をひとつあげた。
助けてもらったら小さなお礼をするんだ。
それが正しい天使との付き合い方。

むっつめは、毘沙門天。
ビルの合間にある小さなお寺だった。
ここは戦闘の神様らしい。
永島くんの今回のツアータイトルは「攻撃開始!」。
ここでも深く祈る。
2258-9.jpg

さて、ここでランチタイム。
私からのリクエストはおうどんだったので、
Y子ちゃんがきしめんの美味しいお店を探しておいてくれた。
味噌煮込み風のを注文して食べたけど、美味しかった!
名古屋へ来るたび食べたいっ!
2258-10_20100309000912.jpg

そしてとうとう最後は、布袋尊。
2258-11.jpg

参拝が終わって、境内に出たら、
さっきまであんなに降り続いていた雨が上がっていた。
見上げると、雲間から青空。
2258-12.jpg

攻撃開始.........。 

時間がきた、と思った。
ちょうど永島くん、サウンドチェックに入る頃。
彼が声を出すタイミングで、世界に光りが戻ってきた。
すごいなあと、しみじみする。

いったん、Y子ちゃんと分かれて、私はライブハウスへ。
リハーサル撮影の準備をする。
今日は「撮る」ことだけ考えていこうと心する。
その他のことは何も考えまい。
ひたすら集中していこうと決める。
私はこの時点でもう何かが吹っ切れていた気がする。
世界が違って見えた。

2258-13.jpg 2258-14.jpg 2258-15.jpg

オープニングは客席一番奥の正面から狙ったけれど、
胸に溢れるものがあった。
この前この会場で撮影した時は、妹が亡くなった直後だった。
あれからいろいろあった。
いろいろくぐってきた。
もうすべて過ぎ去ったものたちよ。

本番は素晴らしかった。
これまで観せてもらったステージの中で
一番最高の出来だと感じた。
大地に足をしっかりつけて、
グラウディングしながら歌う永島くんの姿が印象的だった。
次回は、彼が飛翔する瞬間が観られる気がする。
大地を蹴る準備が整った者だけが見せる、高く飛ぶ瞬間を。

私は、ただ、ただ、深く感謝しながらシャッターを切った。

終了後、ドア付近にいたY子ちゃんとふたたび合流。
「どうだった?」と尋ねたら、
「永島さん、すごいかっこよくなっててびっくり」と、
興奮しながらもぼうっとしてる雰囲気。あははは(笑)
ヤラレちゃったねえ~
とうとう、いちらーをやっちゃう永島浩之。凄いです!

そのまま急いで名古屋駅へ。
Y子ちゃんとさよならして、新大阪まで新幹線で移動。
到着後、マネースのゆきぞうが改札までお迎え。
カブンメンバーのどらちゃんも一緒。
ホテルまで送ってもらった。
さて、
明日はいよいよ関西初のワークショップ。
どうなるかなあ~と思いながら眠りについた。

                (続く)






Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる