FC2ブログ

Entries

悲しいほどお天気

昨日は素晴らしい一日でした。
撮影が楽しくて。
被写体達が眩しくて。
仲間達に助けられ。

今朝は、
感謝の渦の真ん中にいます。 快晴の休日。

昨日は、女優さんの他、
永島浩之さんや、おのせちゃん、師匠、
吉田良子監督の写真も撮りました。
みんな今後それぞれの分野で活躍していくと思うので、
日頃の感謝を込めて私から何かプレゼントをしたかったのです。
私は写真しか撮れなくて、何も気の利いたものを贈れないので、
では、プロフィール等に使用する写真を贈ろうと思って。

みんなきらきらすてきだった。 びっくりした。

師匠は、
「おれ最近太ったぜ~」なんつって。
自分の顔がイヤだとぶつぶつ。
ぷぷぷぷ(笑)
そんなことない。
かっこよく撮れましたケド。

私も師匠に撮ってもらいました、ついでに。
(可愛く撮っていただきありがとうございます!)

永島くんは、いつもライブ写真しか撮ったことがなくて。
ちゃんと一対一で向き合う撮影が初めてで。
どうかな?撮れるかな?難しいかも。と思い込んでて。
勝手に「コノヒトはたぶん撮りづらいだろう」なんて、
決めちゃって少し緊張してましたが。
ものすごく撮りやすくてびっくり!
撮って気がつきました。
「あ。この人、プロなんだ」
全く当たり前のことなんですけど。(笑)すみません。
この道25周年ってすごいなあ~
緊張してたのは、ただ私が照れくさかっただけでした。
はははは(笑)
撮り始めたら楽しくていっぱい撮っちゃって、
そんなにプロフィールには使わね~だろってくらいになっちゃって。
............どうしよ?こんなにたくさん。ばかみたい。(笑)

おのせちゃんは可愛すぎ!
すごい可愛かったあ~
彼女は最近めきめきチカラが増してるので、
その自信みたいなものが
可愛さに変換されて表に出てきてる感じでした。
あんまり可愛いからポスターにして部屋に飾ろうかな?(笑)
私はこの人を妖精みたく撮る自信がある。
そうだ、
今度作品撮りをしよう。モデルをおのせで。森の中で!
彼女はもういいお姉さんだけど、
17歳くらいにしか見えないはず。
永遠の少女だ。

しかし死ぬほどびっくりは吉田監督。
「なんじゃ?こりゃ」が出ました。
スーパー吉田。
まるで女優のようです。
そんな監督から、素敵なメールが。


ーーーーー

夏野様

本日は本当にありがとうございました。
とても、貴重な良い体験でした。

今まで私はカメラの後ろ側にいる事しか無く
レンズの先に立っている人の事を
分かったつもりになっていただけだと気がつきました。

今日夏野さんに撮って頂いて、
その事を身にしみて感じました。

ああそうか、こちら側に立つ人の風景はこうなのか
そしてカメラの向こう側にいる人に対して
こんな風に思うのか、と。

私はずうっとこう思っていました。
大丈夫だ、どんなにうまく出来ないと思ってても
夏野さんが撮ってくれるならきっと大丈夫だ。
って。

私もいずれ、そんな風に思ってもらえる人にならなければいけないな、
と深く思い直しました。

ありがとうございました。


吉田


ーーーーー


途中までニコニコ顔で読んでいたのですが、
なぜか
「私はずうっとこう思っていました。
 大丈夫だ、どんなにうまく出来ないと思ってても
 夏野さんが撮ってくれるならきっと大丈夫だ。
 って。」
というところで急にうっときてしまい、
気がついたらパソコンの前でうえうえ泣いていました。

何かが心の琴線に触れて。

ここのところ、
出来事自体は取るに足らないことで、
そういうのがちょこっとずつ続いて、
泣けたら楽になるのに泣けるタイミングや、
泣くために必要な衝撃度が少なくて、
だからなかなか泣けなくて。

たぶん苦しかった。

それがなんだか監督のメールでぱちんと風穴が開いて、
すぅーっと奇麗な水が流れたみたいだった。

気持よく泣いた。 

この涙は「感激」の感覚に近い。

私は何に感激したんだろう?

きっと、

今日のような晴れた日に空を見上げて「あ」と思うような。

世の中にたくさんある、

美しいなにかに、だ。

吉田監督の持つ一番美しい場所から、
私の一番儚く弱い場所へと、触れてくれたんだと思います。

優しくそっと。

とても自然に。

まるで励ますように。


2249-1.jpg

2249-2.jpg 2249-3.jpg





Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる