Entries

スポンサーサイト

魔法の世界

カヴンのメンバーは今、自分と同じ守護星座のハーブ探しを始めた。射手座がふたり。魚座もふたり。蠍座と天秤座がひとりずつ。そして、双子座は四人!蟹座の私。司る惑星は月。(月の女神セレネ。豊穣の女神アルテミス)ハーブは、ハコベ。レタス。ハニーサックル。そして!なんと!   蓮。   .........。そうか。なるほどー と深く頷く。守ってくれるものとは、誰しも必ず出逢うのだと思う。これがそうかと、あとで知るこ...

みんなのこころ 繋がるなにか

先日書いたエッセイの感想とともに、たくさんのメールをいただいた。懐かしい読者からのメールもあって嬉しかった。皆さん、心を、ありがとう。中に、「やっぱり 私は いちごさんが 大好きです! こんな言葉しか浮かばなくて ごめんなさい」という言葉で締めくくられているメールがあって...ふふふ ^^ なぜ「ごめんなさい」だ?こんな心を、可愛いなあ、愛しいなあ、と思う。皆さん、本当にありがとう。私は勇気100倍...

Duet

今朝目覚めてふと思った。もし、あの人が、私との関係の中ではなく、他の誰かとの関係の中で、自分に嘘をついているのを目撃したとしたら、どうだろう?引っかかるだろうか?ベッドの中でゴロゴロしながらうーむと、いろいろ思いを巡らせてみた。答えは3秒くらいで出た。全然引っかからないだろうな。見てもなんとも思わないだろう。もちろん怒鳴ることもない。そのかわり信頼を持つことはできないから、いい関係は築けないだろう...

自分に嘘をつく人

雑誌の連載スタッフで食事会。代官山にあるフレンチのビストロで。いつも一緒に組むライターの女性。私より年齢は上だけど、美味しい食事を頬張りながらなんとも無邪気な可愛らしい笑顔。向かい側に座った私はその幸せな顔をずっと見ることができた。そして、思った。怒鳴ったあのあたりが今の私の限界なんだな、と。これからも限界を広げていく修行は続けるだろう。でも私は、自分が天使とか仏になりたいわけじゃぁないんだよ。自...

怒号

久しぶりに、ほんとうに久しぶりに、人を怒鳴った。右手で思い切りばーん!と机を叩きながら。最初は黙って頷きながら、なんとか我慢して、相手の話だけを聞いていた。30分経っても、その人がいったい何を伝えにきたのか、まったくわからなかった。口を挟もうとすると「まだ話は終わってない。待て」と言うので、さらに我慢した。この我慢がいけなかった。結果、相手にとっては命取りとなるほどの爆風が走ることになってしまった...

庭仕事の愉しみ

最近のマイブームは、早朝、庭にちょこんと座り、(私ひとりでもう定員。ふたりは入れません。笑)なにか飲み物を飲みながら、草花たちを、ぼうっと眺める時間を過ごすこと。あれから、びわの樹とマージョラムが仲間入り。もう今年はこれで仲間入りの季節は終了かしら。このメンバーで、夏を越え、秋を、冬を、越えていこう。ハーブは薬効効果の高い香草ばかりを混植しているので、空気中の水分が増える今の季節、むっと複雑な香り...

2008.6.19 満月 彼女へのメッセージ

ある人を想う。今頃どのあたり?旅をしているころ...遠くのあそこまで行き着いて、しっかりと、見たなら。また戻っておいで。ここで、待っているよ。ずっとずっと、心は変わらない。彼女のために引いたメディスンカード。やってきたのは「ブルーヘロン」のスピリット。ガイダンスは以下の通り。この場から、彼女へ贈ります。愛と共に。『自己認識』厳しい状況に置かれた自分が、何を感じ何を思ったとしても、目を逸らさないで、そ...

魔女の九九

時々ぽつりぽつりとメールをくださる、いちらーより素晴らしい情報が届いた。「6月6日のエッセイをみて、 苺さんにメールしよう、しようと思っていました。 しよう、というか、したい!ですね(^^) 私が苺さんに対して、いいのかな?と思いながらも メールをし続けられたのは、 ひとえに苺さんのあったかさがあったからだなぁと実感したからです。 6月6日のエッセイの後半をみて、あったかいなぁ~!!と思いました。...

魔女の庭

知らない間に日にちがどんどん過ぎていた。私はどこにいただろう。どこか、遠い、心の世界...身体も、あっちへ出かけたりこっちへ出かけたりしていました。ユリは散って、ローズマチルダが咲き始めました...いろいろあったけど、よかった。咲いてくれて。小さな庭のコンセプトは、「魔女」なので、薔薇と、薬草(ハーブ)で統一されている。薔薇が七種。ハーブは、フルーツセージ、ホワイトセージ、ローズゼラニウム、レモンゼラニ...

slave

悪に同調する人を見た。引きずられているのがわからないのだろうか。正論を唱え、正義を振りかざしているようで、実は、同じ世界に閉じ込められている、悪と。おまえ、目を覚ませ、と思う。人間は、自分のなかにないものは、見えない。あるものしか、見えないものなのだ。悪を許せないというのなら、自分の中の悪をまずは殺せ。徹底的に。てっていてきに。愛をもって闘いぬけ。ヤマユリはまだ咲いている。いい香りを、漂わせたまま...

薔薇の奇跡にみちびかれ

は?と視線が止まる、電車のなか。前の席に座った女の子が持ってる。「薔薇の奇跡にみちびかれ」と書いてある小冊子。なあに、あれ。同じものがほしい。フリーペーパーよと、虹色の声。そうか、とホームで探したらすぐみつかった。そーなんだよ。いま、わたしはね、薔薇の奇跡に導かれているんだよ。小学館発行のエデューという雑誌、私が撮影を担当している連載ページがあって、その仕事はなかなか興味深く面白い。食に関すること...

物の記憶

苺バザールのために、いま物との対話を楽しんでいるところ。物には様々な記憶が宿る。よくない記憶は消すべきだと思うけど、パワーを宿しているものはそのまま受け継いで使うべきだと思う。次はどこへ行くの?とちょっぴり淋しい気持ちで切なく尋ねる。言葉にならない波動で「あそこへ!」と潔く答える物たちは、かっこいい。どうかよい旅を。ゆうべはユリの香りが素晴らしくて何時間も動けなくなった。ベランダに泊まりたいくらい...

夜の誕生会

いまね、ひとりでwitchgardenでパーティしてるの。ユリの花のお祝い。とてもとても美しく咲いたから。月が出たらパーティの始まりの合図。薄曇りかしら。ぼんやり光ってるわ。あら!途中で珍客。誰かしら?ユリの花の中を覗いてる...暗くてよく見えない。最初小さな鳥かと思っちゃった。でも..... 虫みたい。蛾かな?だとしたらすごく大きいっ(驚)体長4センチほどはありました。うーむ.........まだまだ夜のパーティは続きます...

真夜中の神秘

めずらしく遅くまで起きていた私。寝る前は必ずwitchgardenの植物たちに挨拶。おやすみを伝えようとベランダへ出たら...!!!たいへん!ユリの様子が!これ、咲くでしょ?でも夜中に?とドキドキしながらじっと観てたら、ぱっと動いた。蕾の先端が。慌てて師匠を呼ぶ。ふたりでそのまま観てたら、また、ぱっと。(驚)「わあ!開いたっ」と小さな声で感激する私達。ロータスの時と同じだ...私はマチルダに(薔薇じゃない方の。笑...

2008.6.4 新月 と その後

都会の街を歩いていて。ふと見上げた空。雲の流れが速い。上空に強い風か。雲間に青空。アリゾナを思い出す。あの大地。砂嵐。私はどこにいても同じ。私は私。大自然の中だろうと、人工的な都会だろうと、同じだ。都会にいれば、自然の素晴らしさを願い、自然の中にいれば、都会の利便さを願い、けれど、やがて都会にいても自然を感じ、自然の中にも人の営みをみるようになる。witchgardenを作ってから、まるで自分が森の一軒家で...

6月です!

久しぶりの晴れです、東京地方。奇麗な朝焼けでスタートし、日中は青い空が広がりました。ゆうべ雨が止んだ時点で嬉しくて嬉しくて。今朝は4時に起きてしまいました。witchgardenがオープンです!きっと植物たちもこの光りが嬉しいでしょう。(もちろん、雨も、ですが)そして、なんと!マチルダ!ひょっとしてそれは新しい蕾なんじゃ...?というものを発見。どうだろう?こんなに早く?もし咲いたとしたら。なんて優しいの!マチ...

Appendix

BACK NUMBER

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。